Mac に brew で Oracle Java のバージョンを指定してインストールする方法

  • 174
    いいね
  • 0
    コメント

Mac で Java をインストールするときの問題

  • Oracle Java を手動でインストールするのが面倒くさい
  • brew cask で Java を入れると Java8 がインストールされてしまう(2014-05-02時点)

brew でバージョン違いの Java をインストール出来ないかと探してみると,homebrew-cask-versions を利用することで Java7, Java6 のインストールができました.

brew で Oracle Java のバージョンを指定してインストールする方法

# install homebrew-cask
brew tap caskroom/cask

# can treat another Java versions
brew tap caskroom/versions

# search another java version
brew cask search java
==> Exact match
java
==> Partial matches
java6  java7

# install Java7
brew cask install java7

# confirm java version
java -version
java version "1.7.0_51"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_51-b13)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 24.51-b03, mixed mode)

JAVA_HOME の設定

/usr/libexec/java_home コマンドを利用することで,バージョンごとに JAVA_HOME の取得ができます.

JAVA_HOME=$(/usr/libexec/java_home -v 1.7)