Yosemite(El Capitan)にzshをインストールする際のメモ

  • 59
    いいね
  • 2
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Yosemiteにzshを入れる際に、つまずいたところがあったのでメモ。
おそらく、Marvericsでも同じだと思う。

El Capitanでも大丈夫。

zshのインストール

homebrewを使ってインストールする。

brew install --without-etcdir zsh

/etc/shellsを編集

/usr/local/bin/zsh

を追記し、ディフォルトのシェルを変更する。

chsh -s /usr/local/bin/zsh

ターミナルを再起動して完了。

~/.zshrcを編集。ファイルがなければ作成。

export PATH=/usr/local/bin:$PATH

を記載し、ターミナル再起動。

oh-my-zsh をインストール

robbyrussell/oh-my-zshに記載のある、Basic Installationでインストールする。

sh -c "$(curl -fsSL https://raw.github.com/robbyrussell/oh-my-zsh/master/tools/install.sh)"

テーマは下記から選ぶ
robbyrussell/oh-my-zsh Themes

.zshrcの下記設定でテーマを変更。

ZSH_THEME="robbyrussell"

zsh-completionsのインストール

brew install zsh-completions

.zshrcpluginsを下記のように変更

plugins=(git ruby osx bundler brew rails emoji-clock)

設定

.zshrcの一番下に追記

fpath=(/usr/local/share/zsh-completions $fpath)

下記を実施

rm -f ~/.zcompdump; compinit
autoload -Uz compinit
compinit -u

これで補完が使える。

参考サイト