Railsで指定バージョンのmigrationだけやり直す

  • 9
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

リリース前の開発中にmigrationファイルを作ったけど「あっやっぱりこのカラム必要だな」ってなったときに「新たにmigrationファイルを作ることもないな」って思ったときに便利。

$ rake db:migrate:redo VERSION=20160206130224

Rails 5からは下記

$ rails db:migrate:redo VERSION=20160206130224

downしてupされるため、テーブル作成のmigrationだったとしたらもちろんテーブルの中身は空になる。