h2oをamazon linux環境(aws)でビルドするためのメモ

  • 41
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

@kazuho さんが最近作ったnginxの2倍速いという噂のh2oをamazon linuxでビルドするメモ。
さすがにh2oをmacでbuildするのはこの短時間じゃ無理だった。前に一度まとめた事があるのでメモを開放しておく。

cmake を 3.0.2 にする

sudo yum install curl curl-devel 
sudo yum install libarchive libarchive-devel
sudo yum install expat expat-devel
wget http://www.cmake.org/files/v3.0/cmake-3.0.2.tar.gz
tar -xvf cmake-3.0.2.tar.gz
cd cmake-3.0.2
./bootstrap --prefix=/usr       \
            --system-libs       \
            --mandir=/share/man \
            --docdir=/share/doc/cmake-3.0.2   &&
make
sudo make install

libyaml を install

wget  http://pyyaml.org/download/libyaml/yaml-0.1.5.tar.gz
tar -xvf yaml-0.1.5.tar.gz
cd yaml-0.1.5
./configure
make
sudo make install

h2o を install

git clone https://github.com/kazuho/h2o.git
cd h2o
git submodule update --init --recursive
cmake .
make h2o
./h2o -c examples/h2o.conf
curl http://localhost:8080/

example h2o.confの中身

listen: 8080
hosts:
  default:
    paths:
      /:
        file.dir: examples/doc_root
    access-log: /dev/stdout