Macのターミナル(bash)でGitを使いやすくしてみた。(補完、branch表示)

  • 17
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

やったこと

最初は oh-my-zsh を使用したやり方を検討したが bash を使い続ける方向でやり方を探した。
(複数の環境でターミナルを操作するのでいちいち環境を揃えるのが面倒なため)

  • gitで補完ができるようにした。(特にbranch名とか)
  • 現在のbranch名を表示するようにした。

補完機能

まずは必要ファイルがあるかどうか確認。

$ ls /usr/local/etc/bash_completion.d/
git-completion.bash git-prompt.sh

最新のMacのデフォルトのgitでは入ってない可能性があるので、ない場合はbrewコマンドなどでgitをインストールしなおす。

$ brew install git

.bash_profile, .bashrc のどちらかに以下の記述を追加する。

.bash_profile
source /usr/local/etc/bash_completion.d/git-prompt.sh
source /usr/local/etc/bash_completion.d/git-completion.bash

現在のbranch名の表示

.bash_profile, .bashrc のどちらかに以下の記述を追加する。

.bash_profile
GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=true
export PS1='\h\[\033[00m\]:\W\[\033[31m\]$(__git_ps1 [%s])\[\033[00m\]\$ '

設定の反映

終わったら設定を反映させる。

$ source ~/.bash_profile