Windows/Google日本語入力+HHKBでMac風の英字/かな変換をする

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

HHKBのデフォルトの設定では、左の「Win」と書いてあるキーが全角/半角キーになっており、これを押すと英字とひらがなが入れ替わります。が、Windowsではこのキーを酷使するため、この位置に「全角/半角」キーがあるのは非常に使いづらいです。また、MacとWindowsを両方使っている場合、Macでは「英数」キーと「かな」キーを使って入力切り替えをするため、頭の切り替えが必要になります。

そこで、思い切って、Windwos/Google日本語入力の設定を変更し、Macの「英数」「かな」キーと同じキーバインドにしてみました。左Winキーの隣にあるキー(「無変換」キー)に英字を割り当てて、右Winキーの隣にあるキー(「変換」キー」)にかなを割り当てます。

Google日本語入力のプロパティを開き、「一般」タブの「キー設定」に「キー設定の洗濯」という項目があると思います。ここで「MS-IME」を洗濯した上で横の「編集」ボタンを押します。

この中の「モード: 直接入力, 入力キー: Henkan」のコマンドを「IMEを有効化」にします。さらに、「モード: 入力文字なし, 入力キー: Muhenkan」のコマンドを「IMEを無効化」にします。

この設定を行うことで、Macと同じキーバインドになります。HHKB以外でも、たいてい「変換」と「無変換」キーの位置は同じなので、この設定をすることで大抵のキーボードはMacと同じキーバインドになります。