libfreenect2をwindowsにインストール

  • 1
    Like
  • 0
    Comment

libfreenect2とは

libfreenect2とはKinect V2を使うためのマイクロソフト非公式ドライバーです。

このlibfreenect2を使うことで、linuxでKincet V2を使うことができるほか、複数のKinect V2を使うことができます。

今回公式サイトlibfreenect2
を参考にwindows PCにlibfreenect2をインストールしたのでメモ

UsbDk

UsbDkのダウンロードサイトから最新のmsiファイルをダウンロードしてインストールします

libfreenect2のダウンロード

libfreenect2のDOIからこちらのサイトに飛んでlibfreenect2-v**.zipをダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルを解凍、CMakeを使ってインストールします

CMakeのGUIを起動(必要ファイルの確認)

自分は以下の設定でビルドしました

ソースコードの場所: C:/libfreenect2
ビルドの場所: C:/libfreenect2/build

ここでエラーが発生
以下のソフトが必要と出ます

  • TurboJPEG
  • GLFW
  • OpenNI2
  • OpenCL(一部のPCで)
  • CUDA (Nvidiaを使ってるPCで)

TurboJPEG以外のソフトはlibfreenect2のInstallationを参考にダウンロード

TurboJPEGは少々面倒だったので以下にメモ

TurboJPEGのインストール

バイナリデータではなく、gitでソースコードごとダウンロードして作業しましょう
ダウンロード

これを使ってビルドします(解凍したときに出てくるBUILDING.md参照)

Building.mdをつかったTurboJPEGのインストール

nasmをインストールして
C:\Users\jiroc_000\Desktop\Visual Studio Tools\Windows Desktop Command Prompts
のVS2015 x64 Native Tools Command Prompt
をつかってインストールしました

nasmのインストール

libfreenect2のビルド

ビルドの設定において、例えば

LibUSB_DLL: C:/libfreenect2/depends/libusb/MS64/dll
LibUSB_LIBRARIES: C:/libfreenect2/depends/libusb/MS64/dllに設定

TurboJGEG_DLL C:/libfreenect2/depends/libjpeg-turbo64/build/turbojpeg.dll
TurboJGEG_LIBRARIES C:/libfreenect2/depends/libjpeg-turbo64/build/turbojpeg.dll

その他インストールしたプログラムのパスを入力

というように設定してコンフィギュレーション→ジェネレーションしてください

するとBuildフォルダにソリューションファイルが出てくるのでVisual Studioで起動してビルドしてください

これでインストールは完了(のはず)お疲れさまでした。

サンプルプログラムを動かして確認してみましょう

サンプルプログラムの起動

うまくビルドできていればbuild/bin/DebugにProtonect.exeができているはずです。Kinectv2をつないで動作を確認してみましょう

USBDKの再インストール(任意)

うまくインストールできない場合は再インストールでうまくいくことが多いです

C#で使う

dbruningさんというかたがC#のラッパーを作っていました

Runtime Library -> /MDdで起動