chromebookにcroutonでubuntuをいれる

  • 72
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Acer C720/2が届いた。
メインメモリ4GBで、SSDストレージ16GB。
ubuntuと同居させるには、ストレージが物足りないが、それはUSB3.0のメモリを挿しておくことでなんとかなる。

ということで、ubuntuを動かすまでにやったこと。

動作モード

chromebookには、3つの動作モードがある。

  • 通常動作
    • ふつうに電源をいれて、エンドユーザとしてchromeの制約下で使うモード。
  • レスキューモード
    • chrome OSの復元や、他のOSを起動するときのモード。
  • デベロッパーモード
    • デベロッパーモードでchrome OSを起動すると、terminalのcroshでshellコマンドが使える。shellと入れると、bashを使うことができる。

その他機能

  • OS確認機能

chrome OS以外のOSを使うことができるようにする。

  • BIOSでのブートデバイスの選択機能

USBやSDカードを挿入時、そのデバイスからOSを起動することができる。

各設定および機能の有効化方法

レスキューモードでchromebookを起動する

  • 電源OFF状態からesc+reload(F3相当の位置)+電源を長押し。

デベロッパーモードの有効化+OS確認機能の無効化

  • レスキューモードで起動すると、OSが見つかりません、という旨の画面がでるので、そこでctrl+dを押す。
    • OS確認機能をOFFにするにはEnterキーを押してください、と出るので、Enterキーを押す。

BIOSの有効化

  • デベロッパーモードでログインする
  • wifiの設定をする
  • ログイン画面でログインをせず、ctrl+Alt+ →(F2相当)でterminalを出す。
  • loginプロンプトで、chronosでログイン
  • sudo bashでrootになる。
  • 以下コマンドを実行
    crossystem dev_boot_usb=1 dev_boot_legacy=1

  • 上記の1を0にすると、もとに戻る。

  • CLI画面からGUIのログイン画面に戻るのは、alt+←(F1)

日常的なスプラッシュ画面での操作

上記、デバイスの有効化とBIOSの有効化をしてあれば、電源OFFにする状態から通常の電源ON直後、スプラッシュ画面がでる。

  • ctrl+dでデベロッパーモードになる。
  • cltrl+lでSeaBIOSによるOS選択画面になる。

BIOSの有効化は、下記操作では必ずしも必要ではありません。その場合、ctrl+lは使えません。

chrome OSのリカバリ

OSをいろいろいじるには、工場出荷状態に戻る方法を確立しておく必要がある。

リカバリーメディアの作成

リカバリーメディアの作成方法は3つ。
内蔵SSDのリカバリ領域から復元することもできるが、外部USBにリカバリメディアを作っておくと、SSD内リカバリ領域が壊れた時でも安心。(通常、書き込み制限がかかっているらしいので、めったに壊れない)

  • chrome://imageburnerを開いて、USBメディアを挿して作成。(僕の場合、ダウンロードがうまくいかなかった)
  • chrome webストアからchromebook復元ユーティリティをダウンロードしインストール。
    • リカバリーイメージのダウンロード15分
    • USB書き込み10分くらい
  • Linux/OSXマシンを使って作成
    • recovery.shを実行し、ダウンロードして、USBを挿して作成。使っているモデル名を検索する必要がある。C720の場合、Pettyで検索。

以下、備忘。

  • リカバリディスクをchromebook上でダウンロードするとき、diskスペースが足りないと、ダウンロードと解凍が失敗する。ダウンロードに600MB、展開時2GBくらい?
  • C720のイメージURLはここ

リカバリ方法

googleのこちらにあるとおり。以下の3つの方法がある。

  • リカバリーメディアを使った初期化方法

    • リカバリーモードで起動。(電源OFF状態からesc+reload(F3相当の位置)+電源を長押し。
    • リカバリーメディアを挿す。
  • 内蔵リカバリーメディアを使った初期化方法

    • 通常ログインしたchromeの詳細設定画面からPowerWashを選択
  • リセット方法は、ログイン画面でCtrl+Alt+Shift+r

ubuntuとの併用

現在、ubuntuと併用する方法は、こちらのブログによると以下の3つがある。
方式としては、大きく2つに分類できそうだ。

  • 内蔵ディスクをパーティション分割し、マルチブートする方法。
    • chrubuntu
    • BodhiLinux
  • chroot環境で起動する
    • croutonを使う

chrubuntuは、16GBのディスクを分割するとサイズ的に厳しく、またアンインストールするにもパーティションを戻さなくてはいけないのでやめる。(リカバリーすれば戻る)
chrome OSのファイルシステム上で比較的自由になりそうな、croutonでいれてみる。(/usr/local/chroots/領域をUSBに持っていくとかを将来検討)

2014-12-30追記:こちらの記事でUSBにインストールする手順を公開しました。

croutonをインストール

  1. デベロッパーモードで起動して、ログイン。
  2. Chromeで、https://goo.gl/fd3zcにアクセスし、croutonスクリプトファイル をDownloadディレクトリに保存する。(絶対パスでは/home/chronos/user/Downloads)
  3. terminalからshellを起動
  4. 以下のコマンドでダウンロードおよびインストールを開始。(一時間以上かかる)
$ sudo sh -e ~/Downloads/crouton -r trusty -t xfce,keyboard,audio,extension,chrome -e
  1. 最後にubuntuユーザのIDとPWを求められるので、入力してインストール終了。
  2. インストールが終わったら、sudo startxfceで、X-windowおよびxfce4がchromeとは別アプリとして起動する。

TIPS

  • 末尾の-eをつけると、chroot配下を暗号化するかどうかを選択。
  • -r オプションは、ディストリビューションを選択する。何が選べるはは、以下のコマンドで調べられる。
$ sudo sh crouton -r list
 Downloading latest crouton installer... ######################################################################## 100.0%
Recognized debian releases:
    potato* woody* sarge* etch* lenny* squeeze* wheezy jessie sid
Recognized kali releases:
    kali
Recognized ubuntu releases:
    warty* hoary* breezy* dapper* edgy* feisty* gutsy* hardy* intrepid* jaunty*
    karmic* lucid* maverick* natty* oneiric* precise quantal* raring* saucy*
    trusty utopic*
Releases marked with * are unsupported, but may work with some effort.
  • -t はwindow managerやパッケージを選択する。同じく、-t listで調べられる。
  • 再度インストールを実行したいときは、/usr/local/chroots/trustyをディレクトリごと削除する。(-uをつけないと、ディレクトリが存在するということで、インストールが開始しない)
  • もしくは、-uをつけることで、updateインストール。前回エラー中断したところから再開できる。
  • 推測だが、何度もインストールを短時間で繰り返していたら、以下のエラーが出るようになった。ubuntu側で単位時間あたりのセッションが多過ぎて、なにかの上限値にひっかかってしまったのだろうか。
E: Failed to fetch http://archive.ubuntu.com/ubuntu/pool/main/libj/libjpeg8-empty/libjpeg8_8c-2ubuntu8_amd64.deb  Connection failed [IP: 91.189.91.23 80]

画面遷移

画面とキーの対応

  1. chrome OSのGUI画面 ctrl+alt+←(F1)
  2. chrome OSのCLI console画面 ctrl+alt+→(F2)
  3. chroot(crouton)で動作している X window画面 ctrl+alt+reload(F3)

TIPS

  • 1.chrome OS GUI画面からは、2.chrome OS console画面にしか行けない。
  • 2.chrome OS console画面からは、1にも3にも行ける。
  • 3.X window画面からは、1にも2にも行ける。
  • ctrlとaltは、一度画面を切り替えたら、キーを離さないと認識しない。押しっぱなしは認識しない。

おまけ

キーボードショートカット

なにはともあれ、操作を覚える。

  • ヘルプの表示 Ctrl+Alt+/

コマンド

通常のセットアップをして、Ctrl+Alt+tでterminal画面(crosh)を起動すると以下の様なコマンドが使える。

  • ping
  • ssh
  • top
  • tracepath
  • network_diag

通常helphelp_advancedがある。
多少、help_advancedのほうがいろいろできるが、実用的なほどではない。