FreeBSD+mrubyでサウンドプログラミング

  • 9
    いいね
  • 0
    コメント

I2Cで制御できるSCC+互換チップ が面白そうだったのでFreeBSD+mrubyで試してみました。

たしかLunaにもなにか音源が入っていたような気がします。

LPC810の書き込みはflashmagicのMac版をやっとの事でダウンロードできたのですが、動きがあやしくあきらめて、昔使った事があるlpc21ispで書き込みました

実は以前試したAR2315のGPIOのコードを壊してしまっていて、認識できるまで半日ちかくかかりました。(AR2313系のサポートを入れた時にコピペミスしてました。。。)

# i2c -s
Scanning I2C devices on /dev/iic0: 50 51 

IMGP0639.JPG

WN-G54-GPIO.png

とりあえず音が出ました。

t = BsdIic.new(0)
num = 0
while num < 100 do
  t.write(0x50,0x00,0xa7)
  t.write(0x50,0x01,0x02)
  t.write(0x50,0x07,0xfe)
  t.write(0x50,0x08,0x0f)
  Sleep::usleep(400000)
  t.write(0x50,0x00,0x3b)
  t.write(0x50,0x01,0x02)
  Sleep::usleep(400000)
  t.write(0x50,0x00,0xfd)
  t.write(0x50,0x01,0x01)
  Sleep::usleep(400000)
  num = num + 1
end

音の止め方がわかりません。。。

ユニバーサル基板に実装してケースの中に入れてみました。

IMGP0645

なぜこのルータでFreeBSD Current+mrubyが動くかはないしょです。:)

MML再生コード書いてみました。
https://github.com/yamori813/mmlplay

  • この記事は以下の記事からリンクされています
  • FreeBSD/mrubyのgemからリンク