Velocity.js 一時停止・再生機能について

  • 4
    いいね
  • 0
    コメント

Velocity.js

Velocity.js、アニメーションさせる際にはCSSで動かすよりも圧倒的パフォーマンスを出すことで非常に便利なのですが、とある機能の日本語情報が見受けられなかったのでここに記載します!

一時停止 → 再生機能

stop()メソッドはあるのですが、いわゆる「一時停止→再生」するもののドキュメント情報が公式サイトがありませんでした(しかもstop()だと完全停止しちゃう)。

GithubのIssueで「一時停止・再生機能つけてくれ頼む」という話はあったのですが、肝心の作者がやる気を喪失していたので、本人からの実装には期待が0になり、以下のようなテクニカルであまり汎用的ではない方法で一時停止・再生する機能をつけるようにやっていました。

https://codepen.io/wlindner/pen/ykIzw

google日本語検索でもそれに関する記事は見受けられませんでした。

しかし、1人のContributiorの活躍により 2016年11月に一時停止・再生機能が実装されました

実装例

$(function(){
    $('.hover').velocity({
        scale: [1, 0.6]
    },
    {
        duration: 1500,
        complete: function(){
            $(this).velocity({
            scale: [0.6, 1]
            }, {
            duration: 1500,
            loop: true
            });
        }
    });
    $('.hover').hover(function(){
        $(this).velocity('pause');
    },function(){
        $(this).velocity('resume');
    });
});

デモ

https://jsfiddle.net/g09jkr80/1/

demo

得られた教訓

公式ドキュメント、アップデート情報はちゃんと調べてちゃんと読もう!!!!!

以上学びでした。

余談ですがReact用のvelocity.jsプラグインがあります

https://github.com/twitter-fabric/velocity-react

おっきなとこが管理してるので安心☺