【プレゼン資料】FirebaseのAuthとは

  • 30
    いいね
  • 2
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

FirebaseのAuth機能について

  • 機能の説明だけで5分使いそうなのでコードは全然出てきません…。

2ZI.jpg


FirebaseのAuth機能について

  • Auth系のtoken取得/管理をうまいことやってくれる機能
  • 機能自体は以前からあった(はず)
  • Twitter/GitHub/Facebook/Googleログインに対応
    • 他のログインシステムも、ちょっと特殊な方法でいけるらしい?(未調査)
  • Email+passwordの独自アカウントにも対応
  • 匿名アカウントの発行も可能
  • 各種アカウントの連携もOK

Firebase Auth管理画面(1)

スクリーンショット_2016-06-21_19_11_07.png

  • 連携したアカウントのプロバイダがどうなるかは調べてません……(謝罪)

Firebase Auth管理画面(2)

スクリーンショット 2016-06-22 12.01.27.png


Firebase Auth管理画面(3)

スクリーンショット 2016-06-22 12.01.43.png


管理できる情報

user.getUid();         // UID(ユーザー一意のID)
user.getDisplayName(); // 表示名
user.getEmail();       // E-mail
user.getPhotoUrl();    // プロフ用画像URL
user.getProviders();   // プロバイダ情報
user.isAnonymous();    // true:匿名ユーザー
  • UIDは必ず生成される(コンソールでユーザーを特定するためにも使える)
  • 表示名/E-mail/プロフ用画像URLは、連携元のSNS情報が引っ張られることもある

Email+password登録の場合

Auth.createUserWithEmailAndPassword(mailAddress, password)
        .addOnCompleteListener(this, new OnCompleteListener<AuthResult>() {
            @Override
            public void onComplete(@NonNull Task<AuthResult> task) {
                if (task.isSuccessful()) {
                    // 登録成功
                }
            }
        });
  • ログインもほぼ同様(メソッドが違うのみ)
  • パスワードとかの暗号化は、多分Google Play Service側でいい感じにやってくれる(はず)

注意点

  • SNSログイン自体の仕組みは、それぞれのSDKで実装すること
    • あくまでもFirebaseがやってくれることは、callbackされてからのtoken管理のみ
  • E-mail+password方式の場合、確認メールが飛んでこない
    • パスワード変更時は、登録したメールに変更URL情報が送られてくる
  • E-mail+password方式のpasswordはデフォルトルール有り(6文字以上)
  • Google Play Serviceがない端末(エミュ)では使えない

雑感

  • あくまでもやってくれるのは「ユーザーの管理」
    • 詳細なユーザー情報は、Databaseなどを使いましょう。
  • メールアドレスの保管、プライバシーポリシーとか個人情報保護的に大丈夫かな…?

雑感(Qiitaスライドモード)

  • ディスプレイのアス比に影響されるのがつらい…
  • 自己紹介+会社紹介書いた状態で公開しづらい(気がする)
    • むしろ人によってはいいことかもしれない
  • ただしコードをキャプせずに載せられるので神
  • そしてmarkdownで作れるので神

以上