LinearLayoutとRelativeLayoutの配置属性メモ

  • 52
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

毎回やるたびに忘れるのでメモすることにします。

太字になっている属性は、Layout内のViewで設定する属性ではなく、親のLayoutで設定する属性です。

共通

属性 内容
android:gravity View内の要素の配置位置を指定(TextViewならテキストの配置位置)

LinearLayout

属性 内容
android:orientation 縦並びか横並びかを指定
android:baselineAligned 各Viewの配置をベースラインに合わせるか指定
android:baselineAlignedChildIndex ベースラインとなるViewを指定
android:layout_gravity 自身の配置位置を指定
android:layout_weight 領域に余白があった場合、ここで指定した数値(割合)を元にViewの幅(または高さ)を可変させる。

RelativeLayout

属性 内容
android:ignoreGravity 指定したViewは、親レイアウトのgravity設定が無視される
android:layout_alignBaseline 指定したViewのベースラインに自身を合わせる
android:layout_alignParentTop(Bottom,Left,Right) 親のレイアウトの上部(〜右部)に配置する
android:layout_centerInParent 親のレイアウトの中央に配置する
android:layout_centerVertical 親のレイアウトの垂直方向の中央に配置する
android:layout_centerHorizontal 親のレイアウトの水平方向の中央に配置する
android:layout_alignTop(Bottom,Left,Right) 指定したViewの上部(〜右部)に配置する
android:layout_above 指定したViewの上部へ乗っかるような位置に配置する
android:layout_below 指定したViewの下部へぶら下がるような位置に配置する
android:layout_toLeftOf(RightOf) 指定したViewの左(右)に並べるように配置する
android:layout_alignWithParentIfMissing 自身をavobeとかbelowとかtoLeftOfの指定Viewにさせない?