TitaniumでAndroidのActionBarの外観をカスタマイズする

  • 23
    いいね
  • 2
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Titanium SDK 3.3.0からAndroidのThemeがAppCompatになりましたね。もうあれこれ悩まずActionBarの外観をカスタマイズすることができます。方法は簡単で、カスタムのテーマを作成して、アプリのメインのActivityにそちらを使うと宣言するだけです。

まずカスタムのテーマを作成しましょう。

できましたね?

…できませんよね?

そういうときに便利なツールがあります。「Android Action Bar Style Generator」でさくっと外観を設定しましょう。こちらは大変便利なシステムで、色の組み合わせを設定するだけで必要なリソースが全て用意されてしまう優れものです。

android_style_generator.png

Style nameはこれから作成するテーマの名前です。他とかぶらないように適当に(アルファベットで、できれば記号など使わず、数字もスペースも無しで)設定して、Style compatibilityに「AppCompat」を選択したら、ZIPファイルをダウンロードします。展開するとresというディレクトリになるはずです。

次にTitanium側の設定です。ダウンロードしたテーマをプロジェクト直下のplatform/androidディレクトリの下にコピーしてください(ディレクトリがなければ作成しましょう)。

次にThemeの設定です。tiapp.xmlを開いて(XMLが編集できるエディタで開いてください)、androidディレクティブを編集します。

   <android xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"/>

この行を編集して

    <android xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">
      <manifest>
        <application android:theme="@style/Theme.テーマの名前"/>
      </manifest>
    </android>

にします。以上です。

Android 4.4のスクリーンショット:
android_theme_44.png

Android 2.3でも…
android_theme_23.png

簡単でしょ?