ReactNativeでサクッとReactjs記事リーダーを作ってみる

  • 142
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

ReactNativeとは

ReactNative http://facebook.github.io/react-native/

ReactNativeとはReactjsベースでネイティブアプリを構築できるSDKで、Facebookが先日リリースしました。ちなみにFacebook GroupのアプリがReactNative製なんだそうな。
現在はiOSのみの対応となっていますが、将来的にはその他プラットフォームにも対応していくものと思われます。
内部ではReactjsの描画結果をUIKitの各要素に変換して描画しているようです。
触ってみたいという方は、3分くらいで準備できますのでやってみましょう。
http://facebook.github.io/react-native/docs/getting-started.html#content

作ったもの

とりあえずどういった作法で書いていくものなのか気になったので、QiitaのAPIを利用して、Reactjsの記事を表示するアプリを書いてみました。
デザイン部分のコードを除けばおおよそ100行くらいでかける模様です。
UINavigationControllerの扱いやタッチイベントの扱いが元のUIKitと比較すると独特ですが、それ以外は割と実用的にReactiveなiOS開発が可能なツールのようです。

ReactQiita.png

ソースコード

index.js
/**
 * Sample React Native App
 * https://github.com/facebook/react-native
 */
'use strict';

var React = require('react-native');
var {
  AppRegistry,
  StyleSheet,
  Text,
  View,
  ListView,
  Image,
  NavigatorIOS,
  TouchableWithoutFeedback,
  WebView
} = React;

var QIITA_URL = "https://qiita.com/api/v2/tags/reactjs/items";

// ベースのUINavigationControllerに該当するもの
var ReactQiitaNavigator = React.createClass({
  render: function() {
    return (
      <NavigatorIOS
        style={styles.navigator}
        initialRoute={{
          component: ReactQiitaList,
          title: 'ReactQiita',
      }}/>
    );
  }
})

// 記事一覧リスト
var ReactQiitaList = React.createClass({
  getInitialState: function() {
    return {
      items: new ListView.DataSource({
        rowHasChanged: (row1, row2) => row1 !== row2,
      }),
      loaded: false,
    };
  },

  componentDidMount: function() {
    this.fetchData();
  },

  render: function() {
    if (!this.state.loaded) {
      return this.renderLoadingView();
    }

    return (
      <ListView
        dataSource={this.state.items}
        renderRow={this.renderItem}
        style={styles.listView}/>
    );
  },

  renderLoadingView: function() {
    return (
      <View style={styles.container}>
        <Text>
          Loading movies...
        </Text>
      </View>
    );
  },

  renderItem: function(item, sectionID, rowID) {
    return (
      <TouchableWithoutFeedback  onPress={() => this.onPressed(item)}>
      <View style={styles.container}>
        <Image
          source={{uri: item.user.profile_image_url}}
          style={styles.thumbnail}/>
        <View style={styles.rightContainer}>
          <Text style={styles.title}>{item.title}</Text>
          <Text style={styles.name}>{item.user.id}</Text>
        </View>
      </View>
      </TouchableWithoutFeedback>
    );
  },

  // API呼び出し
  fetchData: function() {
    fetch(QIITA_URL)
      .then((response) => response.json())
      .then((responseData) => {
        this.setState({
          items: this.state.items.cloneWithRows(responseData),
          loaded: true,
        });
      })
      .done();
  },

  //セルのタッチイベント
  onPressed: function(item) {
    this.props.navigator.push({
      title: item.title,
      component: ReactQiitaItemView,
      passProps: { url: item.url }
    })
  },
});

// 記事閲覧用のWebView
var ReactQiitaItemView = React.createClass({
  render: function() {
    return (
      <WebView
        url={this.props.url}/>
    )
  }
});

// 各種デザイン要素
var styles = StyleSheet.create({
  navigator: {
    flex: 1
  },
  container: {
    flex: 1,
    flexDirection: 'row',
    justifyContent: 'center',
    alignItems: 'center',
    backgroundColor: '#FFFFFF',
  },
  rightContainer: {
    flex: 1,
  },
  title: {
    fontSize: 15,
    margin: 8,
    textAlign: 'left',
  },
  name: {
    fontSize: 12,
    margin: 8,
    textAlign: 'left',
  },
  thumbnail: {
    width: 80,
    height: 80,
    margin: 2,
  },
  listView: {
    backgroundColor: '#FFFFFF',
  },
});

AppRegistry.registerComponent('ReactQiita', () => ReactQiitaNavigator);

作ってみての感想

これを一通り作るのに30分も掛からないくらいには使いやすいのと、その他クロスプラットフォームなツールと比べてもパフォーマンス問題はあまり気にならなそうに感じました。
あと、個人的には以前ReactiveCocoaの作法にあまり馴染めなかったのですが、ReactNativeはJavascriptとReactiveな部分の相性が良く、ネイティブアプリにReactiveな設計を持ち込むのには非常に実用的なSDKではないかと思いました。
Objective-Cで記述したものを組み合わせることも可能なようなので、これまでの資産がどれだけ活かせるか調べてみたい次第。もう少し触ってみます。