IPMI Toolのインストールと操作方法入門

  • 35
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

IPMI(Intelligent Platform Management Interface)を使うとリモートのサーバーを自在に操れます。
例えば電源オンオフ、リセットしたりわざわざサーバーを物理的にいじらなくていいので楽チンです。
今回はクライアント側のお話です。
各プラットフォームでIPMI Toolをインストールして使ったことがあるのでインストール方法と簡単なコマンド体系を紹介したいと思います。
詳しい使い方は省きます。
覚え書き。

インストール

Linux(CentOS)

yum -y install OpenIPMI-tools

Mac

homebrewで手軽にインストールできるらしいですよ、奥さん。

brew install ipmitool

Windows

Windowsだけ違うツールを使います。

ipmiutil - IPMI Management Utilities

からダウンロードします。MSIでもzipでもどっちでも大丈夫です。

  • zipはそのまま展開するだけ。
  • MSIでインストールしたときは全く想定できないところにインストールされるので locate32 とかで探したほうがいいかもです。
    パスも通ってないのでコマンドプロンプトで補完も効きません。 再起動したらパスが通りました。
    私の場合は C:\Program Files (x86)\sourceforge\ipmiutil にインストールされました。

Raspberry Pi(Raspbian)(クライアント側)

エラーが出ますが、気にしなくていいです。
クライアント側としてサーバーに対して命令発行できればいいので。

$ sudo apt-get -y install ipmitool
...
(snip)
...

Processing triggers for man-db ...
Setting up ipmitool (1.8.11-5) ...
[....] Starting IPMI event daemon ipmievdipmievd: using pidfile /var/run/ipmievd.pid0
Could not open device at /dev/ipmi0 or /dev/ipmi/0 or /dev/ipmidev/0: No such file or directory
Unable to open interface
 failed!
invoke-rc.d: initscript ipmievd, action "start" failed.
Unable to start ipmievd during installation.  Trying to disable.

簡単な使い方

LinuxとMacは共通のコマンド体系です。-Pオプションを省略するとインタラクティブにパスワードを聞かれます。

ipmitool  -H ip_addr -U user_name -P password subcommand option

Windowsだけコマンドの形式が微妙に違います。

ipmiutil subcommand option -N ip_addr -U user_name -P password

電源オン

ipmitool  -H "192.168.1.55" -U "admin" -P password power on

電源オフ

ipmitool  -H "192.168.1.55" -U "admin" -P password power off

電源リセット

OSが動いていようがなかろうが強制的にリセットするのでどうしようもないとき、実験しているとき以外は使わないほうがいいです。
もっとソフトなコマンドがあると思います。

Linux, Mac

ipmitool  -H "192.168.1.55" -U "admin" -P password power reset

Windows

ipmiutil power -r -N 192.168.1.55 -U admin -P password

参考サイト