YAPC::Asia 2015 2日目 感想

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

ブログを書くまでがYAPCらしい。ブログを作る気力はない。

まえがき

前夜祭も1日目も参加したかったのですが諸事情で参加できず、電車の中でTBDTogetterを見ながら行きたくて行きたくて震えてました。
2日目はなんとか参加できたので印象に残ってること書きます。
ちなみにYAPCは最初で最後でした。

ウォールーを探せ!

次のセッションまで空き時間があったのでふらふらしてたらteratailブースに遭遇。
最後のYAPCへのメッセージを書こうという話で、周りがYAPC最高!とか書いている中、"Docker学んで帰る"とか超個人的なことを書いてしまった。
結果予定を変更して3連続でDocker関連のセッション聞くことに。
凄く勉強になったので良かったのかもしれない。
その後ウォールーと写真を取った。
自分では凄く笑顔なつもりだったのだが、写真を見たら真顔だった。
これが影キャである。

Docker3兄弟について

Dockerほんとに便利だなという印象。
docker-hoge系のコマンドで環境が全部立ち上がって、さらに分散までできてる様子を見せられるとやっぱり驚く。
特にdocker-compose/figは今の自分が必要としているものそのものだったので使ってみようと思う。
面白かった。

Perlでゼロから作るコンテナ

ベストトークはこれに投票した。
"コンテナってなんなの"をそれを実際に作りながら解説してくれた。
今までぼんやりとした理解で魔法のDockerみたいな印象があったけど、コンピュータの中で魔法は起こらないわけで。
へえ〜〜〜の連続。

サンタクロースを支えるIT技術

FTPしか分からない人もいる組織でGitに移行する話、なるほどなあと。

辛いことをやめる!から始まる業務改善とInfrastructure as Code

この人すごいなあという印象。
始まる前に席案内してくれる。
トークスピード超早いのに全然噛まない。
質問されてから考える時間を取らずにすぐ答える。高校生クイズか。
プレゼンとかトークとかの手本みたいな感じ。
正直この話聞いて意味あるのかなとか思ってたけど、テンポ良くて全然聞けました。
もう一つのベストトーク票はこれに。

まとめ

凄く凄く楽しかった。
予定があってLT以降聞けなかった悲しい。
前夜祭と1日目行けなかった悔しい。
Beacon実現したら絶対行きます。