iOSアプリのユーザ行動分析ツールReproをRubyMotionに組み込んでみる

  • 31
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

Reproとは

  • iOSアプリの操作内容を動画として記録することで、ユーザの行動を観察/分析に役立てることができるアナリティクスツールになります。SDKとして提供されており、CocoaPodsからも利用できます。
  • Lean開発に代表される仮説・検証のサイクルをまわすサービス開発では、重用されていくツールだと思います。
  • Reproのサイトはこちら

導入手順

motion-cocoapodsのセットアップ

  • gemのインストール
Gemfile
gem 'motion-cocoapods'
  • プロジェクトでmotion-cocoapodsを利用する設定
    (Rakefileにrequireステートメントを追加)
Rakefile
require 'rubygems'
require 'motion-cocoapods'
  • CocoaPodsで扱えるライブラリ情報のセットアップ
    (PCでCocoaPods、またはmotion-cocoapodsを一度も利用したことがない場合必要)
pod setup

Reproのサイトにアプリ登録

  • Reproにアクセスし、ユーザ登録後に、アプリ > 新規アプリの登録で任意のアプリ名を登録すると、下記のようなObjective-Cのサンプルコードが出力される。ここではtoken情報をコピーする。
AppDelegate.m
#import <Repro/ReproInsight.h>;
- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions
{

  [ReproInsight setupWithToken:@"<発行されたtoken>"];

  return YES;
}

Reproをプロジェクトに組み込む

  • RakefileにCocoapodsライブラリのReproを利用するための設定
Rakefile
Motion::Project::App.setup do |app|
  #...  
  app.pods do
    pod 'Repro'
  end
end

  • Reproをインストールする
bundle exec rake pod:install
  • app_delegate.rbにReproサイトで取得したトークンを設定
app/app_delegate.rb
class AppDelegate
  def application(application, didFinishLaunchingWithOptions:launchOptions)
    #...
    ReproInsight.setupWithToken("<Reproサイトで取得したtoken>")
  end
end

アプリを起動して、操作を記録する

※ シミュレータでの方法を記載します。

  • シミュレータを起動
bundle exec rake
  • 適当に操作する。
  • ホームボタンを押す(Cmd + Shift + H)

操作記録を確認する