UbuntuでPythonの開発環境を整える

  • 29
    いいね
  • 0
    コメント

概要

python未経験者の自分ですが、機械学習を扱うためにpythonを学習する必要がありました。

しかし、pythonの勝手がわからないせいか、デフォルトだとグローバルにインストールされてキモいのでちゃんと設定しようとして色々ハマリました。
なので一応メモっておきます。

(今だとanacondaを使うのが一般的かもしれませんが、あえて自分でやってみました。)

環境

  • Ubuntu14.04
  • pyenv
  • pyenv-virtual

参考になった! :pray:
pyenvとvirtualenvで環境構築

python3と科学計算ライブラリ周りをUbuntuにインストール

pythonのインストール

# 最初の状態を確認
python -V
-> 2.7.6

sudo apt-get install git gcc make openssl libssl-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev

# http://qiita.com/sobeit@github/items/eb24bbcc02822223d8eb
# 描画系ライブラリを使うのに必要
sudo apt-get install python3-tk tk-dev python-tk libfreetype6-dev 

# pyenvインストール
git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

## 環境変数の設定とか(上手く行くことを確認したら、~/.bash_profileなどに書いておく。)
export PYENV_ROOT=$HOME/.pyenv
export PATH=$PYENV_ROOT/bin:$PATH
eval "$(pyenv init -)"
pyenv --version
-> pyenv 20160509

# 使えるもの一覧を表示する
pyenv install --list

# インストールしてみる
pyenv install 3.5.1

# デフォルトに設定する。
pyenv global 3.5.1

python -V
-> 3.5.1

ここまでで、複数のバージョンを使い分けることは出来ました。
ただ、これだと同一バージョンで複数使い分けることはできないので、virtual-pyenvを入れます。


git clone https://github.com/yyuu/pyenv-virtualenv.git ~/.pyenv/plugins/pyenv-virtualenv

## 環境変数の設定とか(上手く行くことを確認したら、~/.bash_profileなどに書いておく。)
eval "$(pyenv virtualenv-init -)"

# 3.5.1を対象のディレクトリ専用にする。
pyenv virtualenv 3.5.1 dev1_3.5.1
pyenv local dev1_3.5.1

python -V
-> 3.5.1

これでpythonを使い分けることが出来る。
次にライブラリを入れていく

pip install pandas
pip install matplotlib

動作確認

sample.py
import tkinter as tk
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

x = np.arange(0, 5, 0.1)
y = np.sin(x)
plt.plot(x, y)
plt.show()

グラフが表示されれば成功。