羽鳥教入信のすゝめ

  • 32
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

はじめに

hadley.png

ここでいう羽鳥氏とは、Rの統合開発環境RStudioのチーフをつとめるHadley Wickhamさんのことです。誰が言い始めたのか不明ですが、日本での愛称です。

Hadley -> はどりー、はどれー -> 羽鳥

今日はHadley Wickhamさんの紹介と、その信者(ただ単に羽鳥氏のふあん)について書きます。

神が神たる所以

神・羽鳥のすごさは、Rへの貢献の多さから伺えます。本、パッケージ、メーリングリスト、多くの場面で彼の名前を見つけます。また羽鳥か...、というくらいに。

Rの世界を知れば知るほど、彼の名前を見る機会が増えます。また、パッケージ制作に関わると彼から怒られることもあるとか。神の怒りに触れてはいけない(戒め)。

そんな羽鳥氏を尊敬し、崇拝する信者は、世界中にいるらしく、彼のRに対する思想やプログラミング、グラフィックスの作法を通称Hadley Worldというそうです。日本国内にも多くの信者がおり、羽鳥教として、使途としてRや羽鳥の素晴らしさを伝えるべく活動しています(対抗する神的存在はリゲスでしょうか...)。

羽鳥氏 on GitHub

https://github.com/hadley

羽鳥氏のGitHubページを見ると、この人たくさんコミットしてるなー、というのがコントリビューションを見るとわかるのですが、その量が尋常ではありません。さすが神。フォロワーもすごい...。

羽鳥作のパッケージ

一例

  • ggplot2... 言わずと知れたグラフィックスライブラリ(なぜこれが標準パッケージでないのか謎)
    • このRパッケージがすごい2014でも紹介
  • plyr...
  • stringr... 文字列操作ライブラリ
    • このRパッケージがすごい2014でも紹介
  • scales
  • httr
  • devtools... 開発者向けのライブラリですが、今となってはこちらも標準
  • dplyr... データフレーム変形、集計ライブラリ
    • このRパッケージがすごい2014でも紹介
  • reshape
  • testthat
  • lazyeval
  • plotrix
  • lubridate

聖書

141210追記
また本を出版するみたいです。来年3月出版予定。かっちょいい表紙。

神・羽鳥の著書はいわゆる聖書です。Rを使っている人ならば必需品というわけです(持っていないものがあるのでください)。

  • Advanced R
    • この本の内容の大部分はこちらのページの内容に準拠する
    • 2014年10月出版
    • 最新の知見とRの内部構造などについて書かれている。聖書
  • R Package
  • ggplot2: Elegant Graphics for Data Analysis
    • ggplot2パッケージの詳細
    • 翻訳されています -> グラフィックスのためのRプログラミング - ggplot2入門
    • 毎夜、就寝前に読みたい...

神にまつわる情報

  • 羽鳥氏のwebサイト -> http://had.co.nz/
  • 神の教え(羽鳥氏はRStudio主催のセミナーで公演することがしばしばあります。ぜひチェックしましょう)
  • かつて日本に降臨されたことがある
  • 冒頭の肖像画は羽鳥氏です。さいごに、神を降臨させるスクリプトを紹介して終わります。ggmapパッケージ製作者はかなりの信者なのでしょう...。
library(ggmap)
ggimage(hadley)
この投稿は R Advent Calendar 20149日目の記事です。