Symfony2+Doctrine2でEntityを操作するのは、Repositoryのお仕事

  • 4
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Symfony2を使い始めたときに、Entityの操作をどこでやるのがいいのか、よく分からなかったのですが、Doctrine2のドキュメントを読んで知った事があります。

orm:generate-repositories

このDoctrineのCommandによって、EntityからRepositoryというクラスを生成してくれます。
またEntityのannotationなどにも、どのEntityで、どのRepositoryを使うのかが、追記されます。

今のところの設計方針

今のところRepositoryには、Entityを操作する処理だけの層として、設計するのが良いと判断しています。

データを取得してからの、複雑な処理に関しては、Serviceとして、登録したクラス郡に任せるのが良さそうです。