TestFlight for Androidの使い方 (Private Beta版)

  • 23
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

TestFlightのAndroid版Private Betaに申し込んで使ってみたので、せっかくなので記録しておきます。
基本的には、ほとんどiOS版と同じ使い方になっているので、既に利用経験がある方は特に迷うことはないと思います。

TestFlight for Androidサービス終了のお知らせ(2014/02/25更新)

TestFlightを提供しているBurstly社をAppleが買収したとのことで、2014/3/21にAndroid向けのサービスは終了することになったそうです。
正式版になったばかりなのに、残念。

前提

  • 本記事は2013/03/14時点のPrivate Beta版をベースに書いています。そのため、今後のアップデートで手順等が変わる可能性があります。
  • TestFlightアカウントは作成済み。

Private Betaの申込み

https://www.testflightapp.com/android/

上記URLの「Your email address」に、現在利用しているTestFlightアカウントのメールアドレスを入れて「Sign up」します。
その後数日ほど待って、TestFlightからAndroid Beta teamへの招待メールが来ます。
(私の場合は3/1に申し込んで、3/8に準備ができたとのメールが来ました)
(と書いていたのですが、その数日前に申し込んでいたのを忘れて再度3/1に申し込んでいました。3/19に2通目の招待メールが来てしまったので、現状ではおおよそ2〜3週間程度かかるのではないかと思います)

メール内の「Accept」ボタンをクリックしてしばらくすると、申し込んだアカウントのTestFlight環境がアップデートされ、APKがアップロードできるようになります。

TestFlightアプリダウンロード&インストール

Android版では専用のTestFlightアプリをインストールすることになります。
これは現状Google Playなどから配信されておらず、TestFlightのサイトから直接ダウンロードしてインストールするため、事前に端末の設定で「提供元不明のアプリ」のインストールを許可しておく必要があります。

その後、TestFlightへ登録する端末のブラウザから https://testflightapp.com/m/android へアクセスします。
(Android端末でTestFlightのサイトへアクセスすると、上記へリダイレクトしてくれます)

サイト内の「Download TestFlight App for Android」ボタンを押すと、TestFlightアプリのAPKがダウンロードされるので、ダウンロードしたAPKをインストールします。
(私の時は"TestFlightAndroidApp-v1.apk"でした)

端末登録

インストールしたTestFlightアプリを起動すると、最初にiOS版と同様のログイン画面が表示されますので、TestFlightアカウントで認証します。

認証することで、その端末がアカウントに紐付けられるようで、TestFlightから「added a device」というメールが来ます。

認証後は、これもiOS版と同様のアプリ一覧画面が表示されます。

アプリ一覧には、現状iOS/Androidのアプリが一緒くたに表示されますが、小さくiOS/Androidのマークが付いているので、それで識別できます。

アプリの配信

アプリの配信も、iOSと同様、TestFlightのWebサイト https://testflightapp.com/login/ から行います。

TestFlight環境がAndroid対応にアップデートされていると、Upload Buildのファイル指定部分の表記が"Drop your IPA or APK here or click to select a file"になっています。

そこに配信するAPKをドラッグ&ドロップして「Upload」し、Permissionsで配信対象Userを指定して「Just Update」もしくは「Update & Notify」すればOKです。

その後、端末のTestFlightアプリからアプリ一覧を見ると、アップロードしたアプリのアイコンが増えていますので、その脇にある「Install」ボタンをクリックすることでアプリのインストールが始まります。

補足

Upload APIの利用

TestFlightにはUpload APIが提供されており、これを利用することでTestFlightへのアップロード&配信を自動化することもできます。

https://testflightapp.com/api/doc/

試してみたところ、ファイルの指定箇所にAPKを指定することで、iOSと同じようにアップロード&配信することができました。

curl http://testflightapp.com/api/builds.json -F file=@app.apk -F api_token='<API_TOKEN>' -F team_token='<TEAM_TOKEN>' -F notes='Upload API配信テスト' -F notify=true -F distribution_lists='test'

Desktop Appの利用

現時点のバージョン1.0 (296)では、IPAしか使えませんでした。
こちらもPublic Beta扱いなので、Android対応が正式に近づけば、対応されるかもしれません。