vagrant 1.2を使ってみる

  • 34
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

vagrantでEC2をあげたりさげたりしたかったので、1.0.7から1.2.2にバージョンをあげてみた。
ちなみに利用している環境は32bitマシンで動いているUbuntu 12.04.2 LTS。
もともと入っていたvagrant 1.0.7はgem uninstallした。

まずはvagrant1.2.2のインストール。どうやら1.1以降からパッケージインストールになった模様。
公式サイトよりパッケージをダウンロードしてインストールする。

$ wget http://files.vagrantup.com/packages/7e400d00a3c5a0fdf2809c8b5001a035415a607b/vagrant_1.2.2_i686.deb
$ sudo dpkg -i vagrant_1.2.2_i686.deb
$ which vagrant
/usr/bin/vagrant

VirtualBoxでCentOS環境を起動する

vagrantで仮想環境の素になるものをboxという。boxは以下で公開されている。自分で作る事も出来る。
http://www.vagrantbox.es

boxの追加にはvagrant box addを使用する。
$ vagrant box add {title} {url}

$ sudo vagrant box add cent64_minimal_i386 http://developer.nrel.gov/downloads/vagrant-boxes/CentOS-6.4-i386-v20130427.box
$ vagrant box list
cent64_minimal_i386  (virtualbox)

vagrantの設定ファイルであるVagrantfileを生成する。vagrant initで生成できる。
$ vagrant init {boxtitle}

$ mkdir centos64
$ cd centos64
$ vagrant init cent64_minimal_i386
$ ls
Vagrantfile

Vagrantfileは以下のような感じに設定した。
1.0.7と結構異なる点があって、手こずった。。。

Vagrantfile
Vagrant.configure("2") do |config|
  #box名
  config.vm.box = "cent64_minimal_i386"
  #VMのhostname
  config.vm.hostname = "vmcent1"
  #HostOnlyAdapterを追加
  config.vm.network :private_network, ip: "192.168.56.100"
  config.vm.provider :virtualbox do |vb|
    #GUI上の名前
    vb.name = "vmcent1"
    #GUIを有効にする
    vb.gui = true
    #Memoryを512Mに設定
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--memory", "512"]
  end
end

vagrant upで起動してvagrant sshでssh接続する。

$ sudo vagrant up
$ sudo vagrant ssh

OSをshutdownする時はhalt、廃棄する時はdestroyを指定し実行する。

$ sudo vagrant halt
$ sudo vagrant destroy

VirtualBoxでEC2を起動する

ここから本題。

AWSを扱うためのPluginをインストールする。

$ sudo vagrant plugin install vagrant-aws

EC2の場合ダミーのboxを用意する必要がある。

$ sudo vagrant box add dummy https://github.com/mitchellh/vagrant-aws/raw/master/dummy.box
$ vagrant box list
cent64_minimal_i386  (virtualbox)
dummy                (aws)

Vagrantfileを作成する。

$ mkdir aws
$ cd aws
$ vagrant init

Vagrantfileを編集する。設定項目は割と分かりやすい感じ。

Vagrantfile
Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "dummy"

  config.vm.provider :aws do |aws, override|
    aws.access_key_id     = ENV['AWS_ACCESS_KEY_ID']
    aws.secret_access_key = ENV['AWS_SECRET_ACCESS_KEY']
    aws.keypair_name = "uchi"
    aws.instance_type = "t1.micro"
    aws.region = "ap-northeast-1"
    aws.ami = "ami-173fbf16"
    aws.security_groups = [ 'uchi-secritygroup' ]
    aws.tags = { 
      'Name' => 'uchi-test',
      'Description' => 'vagrant test'
    }   
    #sshに使うキーとユーザー名をvagrantのものからAWSのものへオーバーライドする
    override.ssh.private_key_path = "~/.ssh/uchi.pem"
    override.ssh.username = "ec2-user"
  end 
end

--provider=aws で Provider を指定してvagrant upする。

$ vagrant up --provider=aws     
Bringing machine 'default' up with 'aws' provider...
[default] Warning! The AWS provider doesn't support any of the Vagrant
high-level network configurations (`config.vm.network`). They
will be silently ignored.
[default] Launching an instance with the following settings...
[default]  -- Type: t1.micro
[default]  -- AMI: ami-218e0620
[default]  -- Region: ap-northeast-1
[default]  -- Keypair: uchi
[default]  -- Security Groups: ["uchi-secritygroup"]
[default] Waiting for instance to become "ready"...
[default] Waiting for SSH to become available...
[default] Machine is booted and ready for use!
[default] Rsyncing folder: /home/uchi/vagrant/aws/ => /vagrant

ちゃんとvagrant sshでssh出来る。destroyはうまく行ったがhaltが失敗した。

vagrant ssh
Last login: Fri May 31 13:43:52 2013 from ...

       __|  __|_  )
       _|  (     /   Amazon Linux AMI
      ___|\___|___|

https://aws.amazon.com/amazon-linux-ami/2013.03-release-notes/
There are 2 total update(s) available
Run "sudo yum update" to apply all updates.
$ exit
$ vagran halt
 Vagrant attempted to call the action 'halt' on the provider
'AWS (i-129f1610)', but this provider doesn't support this action. This
is probably a bug in either the provider or the plugin calling this
action, and should be reported.
$ vagran destroy
[default] Terminating the instance...

ハマったところ

EC2用のVagrantfileを書くにあたり、鍵の場所とユーザー名を以下のように指定していたが、
vagrant upした際に「Waiting for SSH to become available..」で止まってしまった。

aws.ssh.private_key_path = "~/.ssh/uchi.pem"
aws.ssh.username = "ec2-user"

なぜかVagrantユーザーとキーを使おうとしていたので、以下のように指定して解消した。

override.ssh.private_key_path = "~/.ssh/uchi.pem"
override.ssh.username = "ec2-user"

sshは成功しても、その後のコマンドがfailした。

[default] Rsyncing folder: /home/uchi/vagrant/aws/ => /vagrant
The following SSH command responded with a non-zero exit status.
Vagrant assumes that this means the command failed!

mkdir -p '/vagrant'

デバッグログを出してみたら、sudoでttyがないよと怒られていた。
/etc/sudoersの「Defaults requiretty」行をコメントアウトしたAMIから起動して解消。

$ VAGRANT_LOG=debug vagrant up --provider=aws
DEBUG ssh: Exit status: 1
DEBUG ssh: stderr: sudo: sorry, you must have a tty to run sudo

詰まった時はデバッグログ出しながら調べるととてもいい感じ。