FuelPHPをインストールし、ビルトインサーバで動作させる

  • 25
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

概要

なるべく簡単にポータブルな感じでFuelPHPを始めたい。
PHPはphpenvでインストールし、
Apacheなどは使用せずに、
PHP5.4から入ったビルトインサーバでFuelPHPを動かくまでの作業メモ。

PHPのインストール

以下を参考にphpenvでPHPをインストールする。
http://qiita.com/uchiko/items/5f1843d3d848de619fdf

Xdebugなどもインストールしてくれるので便利。
今回は5.5.12をインストールした。

FuelPHPのインストール

手動でインストールする。

以下のURLからFuelPHPをダウンロードしてくる。
http://fuelphp.jp/docs/1.7/installation/download.html

$ wget http://fuelphp.com/files/download/25
$ unzip 25
$ cd fuelphp-1.7
$ phpenv local 5.5.12

FuelPHPの設定ファイルを編集

fuel/app/config/config.php の以下の項目を設定した。

fuel/app/config/config.php
'language'           => 'ja'
'encoding'  => 'UTF-8',
'default_timezone'   => 'Asia/Tokyo',
'log_threshold'    => Fuel::L_ALL,

また、HTTPレスポンスヘッダに文字コードを指定させるために、
以下のコードを最初の方に追記した。

fuel/app/config/config.php
// set default charset
ini_set('default_charset', 'UTF-8');

Composerの実行

Composerの以下のコマンドを実行してアップデートし、
FuelPHPのコンポーネントをインストール。

$ php composer.phar self-update
$ php composer.phar update

oilの実行

パーミッションを設定するために、以下のコマンドを実行。

$ php oil refine install

ビルトインサーバを起動

以下のコマンドでビルトインサーバを起動する。
IPは環境によって変更する。

$ php -S 192.168.33.10:3000 -t public

ブラウザで「http://192.168.33.10:3000/ 」にアクセスすると、
FuelPHPの最初の画面が表示される。

参考

インストール方法
http://fuelphp.jp/docs/1.7/installation/instructions.html

はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP
http://tatsu-zine.com/books/fuelphp1st