rbenvを使用したRuby環境構築 (Raspbian)

  • 5
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Raspberry Pi(Raspbian)にrbenvを使用してRuby環境を構築したので、手順メモを残します。

と言っても、Ruby - rbenv のインストール (Linux Mint) - Qiitaに従っただけですが。

完了状態

  • Ruby 2.2.0が使用可能。

作業手順

rbenvgit cloneします。

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

".bashrc"に追記します。

.bashrc
# rbenv
PATH="$HOME/.rbenv/shims:$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"

".bashrc"を再読み込みします。

$ source .bashrc

ruby-buildgit cloneします。

$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

依存パッケージをインストールします。

$ sudo aptitude install autoconf bison build-essential libssl-dev libyaml-dev libreadline6-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm3 libgdbm-dev

インストールできるRubyのバージョンを確認します。

$ rbenv install --list

Rubyをインストールします。すごく時間がかかったので、screenの中で行いました。

$ sudo rbenv install 2.2.0
$ sudo rbenv rehash
$ rbenv versions

rbenv versionsでインストールしたバージョンが表示されるはずです。
デフォルトで使用するRubyのバージョンを設定します。

$ rbenv global 2.2.0
$ ruby -v

ruby -vで設定したバージョンが表示されるはずです。

参考