Padrino で Letter Opener を使う

  • 9
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

メール送信機能を実装したいんだけど、いちいち飛んできたメールを確認するのが面倒な場合に、使うと便利な letter_opener

メールの内容がローカル環境にファイルとして生成され、ブラウザ上で確認できるようになります。

つかいかた

$ ruby -v
ruby 2.0.0p247 (2013-06-27 revision 41674) [x86_64-darwin12.4.1]
$ padrino -v
Padrino v. 0.11.2
$
$ cd sample_project

Padrino Plugin でサクッと使えます

$ padrino g plugin letter_opener
$ bundle install

これで、

$ vim app/app.rb
app/app.rb
module SampleProject
  class App < Padrino::Application
    # 省略

    get '/mail' do
      email do
      from    'foo@example.com'
        to      'bar@example.com'
        subject 'Welcome!'
        body    'Hello! Hello!'
      end
    end

    # 省略
  end
end

こんな感じのがあったとすると、ブラウザで /mail を叩けばメールが別ウィンドウで開くようになります。

じぶんでやる

$ vim Gemfile
gem "letter_opener", :group => :development
$ bundle install
$ vim config/apps.rb
config/apps.rb
Padrino.configure_apps do
  # …
  if Padrino.env == :development
    set :delivery_method, {
      LetterOpener::DeliveryMethod => {
        location: Padrino.root('tmp/letter_opener')
      }
    }
  end
end