putty、poderosa、RLoginを超えた「MobaXterm」のすすめ

  • 51
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

MobaXterm

特徴

  • 文字色がちょっと色抑え目で見やすい
  • サーバーに接続するとSFTPウィンドウも左に表示。ここでファイルをWindowsのエディタで編集→自動uploadが可能。
  • sshやvimが内蔵されている。pluginとしてgitやmosh、screenなど追加可能。gitはたったの5mb!
  • RDPやSFTP、XDMCPなどもサポート。Xサーバーも内蔵。
  • USBメモリにインストール可能。しかもたったの15~20MB。
  • ssh-agentでキー登録しておくと、サーバーに接続するのが楽
  • c:\は/cygdrive/c/ でアクセスできます。
  • X11-forwardingでリモートのプログラムを表示可能。

欠点

  • 日本語入力ができない(uim-fep推奨)

mobaxterm.png

USBメモリに入れる方法

  • MobaXterm.iniの以下を書き換える(例: USBメモリ直下にMobaXtermフォルダを作った場合)
HomeDir=%CurrentDrive%:\MobaXterm\home

見慣れたMSゴシックに設定する

msゴシック.png

パッケージ追加方法

  • apt-cyg
  • MobApt

追加してみる

apt-cyg install autossh