CentOS7で使われているsystemctlについて少しまとめた

  • 328
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Linux女子部 systemd徹底入門が詳しい。

systemdに移行していくディストリビューション

RHEL 7 に採用される systemctl コマンド - /dev/null blogより

postfixなどの個別サービス設定は以下のファイルに書いてある。

/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/postfix.service

開いてみると、monitのような書き方。

一覧は以下にある。

サービス一覧
ls /usr/lib/systemd/system/
/etc/systemd/system/*.wants

ここにリンク貼られている。

よく使いそうなディレクトリは以下

/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/*.wants

例えば、sshd, crond, postfixは以下で登録されている。

  • /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/sshd.service
  • /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/crond.service
  • /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/postfix.service

Systemd入門(2) - Serviceの操作方法 - めもめもより

稼働中のサービス
systemctl list-units --type=service
定義されているサービス一覧
systemctl list-unit-files --type=service
サービス状態
systemctl status sshd
systemctl is-enabled sshd
  • is-active -- Check whether units are active
  • is-enabled -- Check whether unit files are enabled
  • is-failed -- Check whether units are failed
ログを省略せずに表示
systemctl status sshd -l
従来のchkconfigリスト
chkconfig --list

ログの見方

systemd-journalグループで実行
systemctl status postfix
journalctl -u postfix
journalctl -u postfix -f
journalctl --since=today -u postfix
journalctl --since=yesterday -u postfix
journalctl --no-page -l --since="2014-09-22 12:00:00" --until="2014-09-29" -u postfix
journalctl -p4 -l --since="2014-09-22 12:00:00" --until="2014-09-29" -u postfix
journalctl /usr/bin/procmail
journalctl /usr/bin/dovecot

ログサイズの制限

journalサイズ確認
$ sudo du -sh /var/log/journal
3.1G    /var/log/journal
/etc/systemd/journald.conf
- #SystemMaxUse=
+ SystemMaxUse=50M
journald再起動
systemctl restart systemd-journald
journalサイズ確認
$ journalctl --disk-usage
Journals take up 408.1M on disk.

リモートのsystemctlを実行

systemctl status postfix -H server1
  • ssh経由でsystemctlを実行。~/.ssh/config が使える。

その他参考リンク