boot2dockerのデータ永続化まとめ

  • 50
    いいね
  • 0
    コメント

profile

test -f '/var/lib/boot2docker/profile' && . '/var/lib/boot2docker/profile'
(略)
: ${DOCKER_ULIMITS:=1048576}

ユーザ用ファイル群

  • /var/lib/boot2docker/
ファイル 用途
profile 環境変数など
bootsync.sh 起動時に終わらないといけないもの
bootlocal.sh 起動時に終わらなくてもいいもの
ssh/ssh{,d}_config sshdの設定
userdata.tar 起動時/home/docker/に展開するもの

/home/docker/ の永続化

cat > /var/lib/boot2docker/bootlocal.sh <<EOF
echo "tar cf /var/lib/boot2docker/userdata.tar . -C /home/docker/" >> /opt/shutdown.sh
EOF
chmod +x /var/lib/boot2docker/bootlocal.sh

これでrebootやshutdownの時に/home/docker/が/var/lib/boot2docker/userdata.tarにバックアップされる。

参考

timezone

/var/lib/boot2docker/profile
export TZ="JST-9"
  • /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo が無いのでこうした。

ulimit値を増やす(1024->65535)

/var/lib/boot2docker/profile
ulimit -n 65535

次回起動時、ulimit -nで65535になっていることを確認。

参考

sshd

参考

その他ファイル (こちらは永続化されない)

ファイル 用途
/opt/shutdown.sh shutdown,rebootの時に呼ばれます。