Twitterをエゴサーチするhubotスクリプトを作りました

  • 21
    いいね
  • 1
    コメント

TwitterをエゴサしてSlackに流したいなーと思ってググってみたんですが、

  • hubotスクリプトである
  • 検索クエリをコマンドから自由に追加・削除できる
  • npmでインストールできる

という条件を満たすものが見つけられなかったので、自作してみました。

https://github.com/ttskch/hubot-twitter-egosearch

インストール

npmでパッケージをインストールして、

$ cd /path/to/hubot
$ npm install --save hubot-twitter-egosearch

external-scripts.jsonに追加してください。

$ cat external-scripts.json
["hubot-twitter-egosearch"]

設定

必須

# Twitter APIの各種キー・シークレット
$ export HUBOT_TWITTER_EGOSEARCH_CONSUMER_KEY="twitter_consumer_key_here"
$ export HUBOT_TWITTER_EGOSEARCH_CONSUMER_SECRET="twitter_consumer_secret_here"
$ export HUBOT_TWITTER_EGOSEARCH_ACCESS_TOKEN="twitter_access_token_here"
$ export HUBOT_TWITTER_EGOSEARCH_ACCESS_TOKEN_SECRET="twitter_access_token_secret_here"

オプション

# URLだけでなく本文等の詳細を含めて出力(SlackだとTwitterのURLを貼ってもプレビュー出ないのでtrue推奨)
$ export HUBOT_TWITTER_EGOSEARCH_SHOW_DETAIL="true"

# 検索頻度(デフォルトは1000 * 60 msec = 1分)
$ export HUBOT_TWITTER_EGOSEARCH_SEARCH_INTERVAL="1000 * 60 * 5"

使い方

検索ジョブ作成

image

一分おき(デフォルト)にエゴサして新着を出力してくれる

image

登録されている検索ジョブ一覧を確認

image

@tmp はチャットのチャンネル名

検索ジョブ削除

image

検索コマンドも使えます

単純な検索ワードだけでなく、高度な検索で使える検索コマンドは普通に使えます。

image

image

よろしければ使ってみてください :raised_hand: