Docker ToolboxからDocker for Macへの移行手順

  • 35
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Docker Toolboxの環境は残しつつDocker for Macを使い始めることもできますが、あえて完全移行したい場合は以下のような手順でDocker Toolboxを削除すると良さそうです。

1. Docker for Macをインストール

https://docs.docker.com/docker-for-mac/
ここからインストーラーをダウンロードして、 Docker.app をインストール。

インストール後、 Docker.app を起動すると、「Docker Toolbox用のdefaultマシンが見つかったけど、コピーします?」的な案内が出るので、コピーする。
結構時間がかかる。

完了したらもうDocker for Mac使える。簡単!

2. .bashrc(など)からDocker Toolbox用の環境変数の設定を削除

eval $(docker-machine env default)

こういうのが .bashrc とかに仕込んであるはずなので、もう必要ないので削除する。

これを削除した状態でシェルを立ち上げて、 docker コマンドが使えたらDocker for Macが動作していることが確認できる。

もし docker コマンドが command not found になる場合は、 Docker.app を再起動すれば多分直る。

3. Docker Toolboxをアンインストール

$ docker images してみて問題なさそうだったらもうDocker Toolboxは要らないので削除する。

Mac OSXでDocker Toolboxのアンインストール
こちらの記事にあるとおり、公式のアンインストーラースクリプトを実行すればOK。

4. VirtualBoxからDocker Toolbox用のマシン(defaultなど)を削除

VirtualBoxにDocker Toolbox用のマシンがあるはずなので、これも削除する。