1. Qiita
  2. 投稿
  3. マイコン

1000円以下でArduinoを自作する。

  • 19
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Arduinoが簡単に自作できるので、その手順のメモ

はじめに

 ATMEGA328P
 抵抗 1KΩ
 コンデンサ 22pF x2
 水晶発振子 16MHz
 ジャンパワイヤ
 ブレッドボード
 書き込み用のArduino

書き込み用のArduinoを除いて全部買っても、秋葉原で500円程度で手に入ります。

IMG_0616.JPG

配線の準備

以下のサイトにある通りに配線
http://www.arduino.cc/en/Tutorial/ArduinoToBreadboard

BreadboardAVR.png

実際に配線したところ
IMG_0630.JPG

ブートローダの書き込み

まず、ブレッドボードの5vを外して、設定します。

ここの書き込みにある、Optifix.zipをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍して、optiLoader.hのヘッダファイルを開き、

#include <WProgram.h> を #include <Arduino.h> に変更します。

そしてコンパイルして書き込み用のUnoにアップロードします。

次にSerial Monitorを起動して「19200 baud」を選択します。

以下のように表示されます。
Screen Shot 2015-05-03 at 04.46.45.png

表示されたら、ブレッドボードに5Vを差し込んで「G」をシリアル経由でSendします。
Screen Shot 2015-05-03 at 05.10.40.png

これだけで、ブートローダの書き込みは完了です。

あとは、Arduino差し込むか、UART経由でスケッチをアップロードすれば、Arduinoとして利用可能です。

ブートローダ書き込み用基盤

ブレッドボードだけでやってると、ピン欠け等が発生しやすくなるので、書き込み用の基盤を作成しようと思います。

【作成中の基盤】
IMG_0631.JPG