【Swift 3】UIStoryboardSegue をコードから呼んで画面遷移

  • 19
    いいね
  • 0
    コメント

UIStoryboardSegue をコードから呼ぶ時の記述をメモ。
FirstViewController から SecondViewController へ画面遷移したいとする。

Storyboard で UIStoryboardSegue を作成

Storyboard で FirstViewController を Ctrl + ドラッグで SecondViewController へつなぐ。
identifier を設定しておく。ここでは toSecondViewController とする。

画面遷移したいタイミングで performSegue

画面遷移を行いたいタイミングで performSegue を呼ぶ。

FirstViewController.swift

class FirstViewController: UIViewController {

    // Anything...

    func segueToSecondViewController() {
        self.performSegue(withIdentifier: "toSecondViewController", sender: nil)
    }

}


画面遷移先に何かしらを受け渡したい場合

performSeguesender 引数は Any? 型。
画面遷移先に何かしらを受け渡したい場合は sender にセットし、以下のようにする。

FirstViewController.swift

class FirstViewController: UIViewController {

    let parameters = ["hello": "こんにちは", "goodbye": "さようなら"]

    // Anything...

    func segueToSecondViewController() {
        self.performSegue(withIdentifier: "toSecondViewController", sender: self.parameters)
    }

    override func prepare(for segue: UIStoryboardSegue, sender: Any?) {
        if segue.identifier == "toSecondViewController" {
            let secondViewController = segue.destination as! SecondViewController
            secondViewController.parameters = sender as! [String : String]
        }
    }

}


SecondViewController.swift

class SecondViewController: UIViewController {

    var parameters: [String : String] = [:] // 画面遷移後は ["hello": "こんにちは", "goodbye": "さようなら"]

    // Anything...
}


sender のダウンキャストの時に、画面遷移先と型が一致するようにする。