Raspberry PiにシステムワイドなNode.jsをndenvで入れる

  • 3
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Raspberry PiにNode.jsを入れる場合aptを使って入れるのが簡単ではありますが、バージョンが少々古くなってしまうのでndenvを使って最新のv5.0を入れました。
GPIOの操作などでsudoをするのでシステムワイドに入れます。

ndenv,node-buildをrootで入れる

以下rootで作業します。

cd /usr/local
git clone https://github.com/riywo/ndenv.git
git clone https://github.com/riywo/node-build.git plugins/node-build

echo 'export NDENV_ROOT=/usr/local/ndenv' >> /etc/bash.bashrc
echo 'export PATH=$NDENV_ROOT/bin:$PATH' >> /etc/bash.bashrc
echo 'eval "$(ndenv init -)"' >> /etc/bash.bashrc

echo 'Defaults !secure_path' >> /etc/sudoers.d/00_base
echo 'Defaults env_keep += "PATH NDENV_ROOT"' >> /etc/sudoers.d/00_base

$SHELL -lしてndenv --versioinが通ればOKです。
ユーザpiに戻ります。

Node.jsを入れる

sudo ndenv install v5.0.0
sudo ndenv global v5.0.0
sudo ndenv rehash

ユーザpiに戻ってnode -vが通ればOKです。