Docker公式のmysqlイメージを使いつつ初期データも投入する

  • 23
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

メモです。

Docker公式のmysqlを使いつつ、初期データ投入するのに
少し手間取ったのでメモします
(全部自前で書けばいいじゃん…というのは置いといて)

ディレクトリ構造

ざっくりこんな感じを想定。

APP_ROOT/
    app/
        db/
            setup.sql   >  create文とかinsert文とか
    fig.yml
    fig/
        app/
            Dockerfile
        mysql/
            Dockerfile  > ここから /app/db のSQLを使いたい
    ...

やりたいこととしては、
app用とfig用のディレクトリがあって、
mysql用Dockerfileからapp用のディレクトリ配下にあるSQLファイルを使って
初期テーブル作ったりデータ投入したい。

実現している方法

fig/mysql/Dockerfile

FROM mysql:5.6

# utf8サポート
RUN { \
    echo '[mysqld]'; \
    echo 'character-set-server = utf8'; \
} > /etc/mysql/conf.d/charset.cnf

# setupを追記したentrypoint
COPY docker-entrypoint.sh /entrypoint.sh
RUN chmod +x /entrypoint.sh

fig/mysql/docker-entrypoint.sh

これは 公式のentrypoint.sh にパッチ当ててる感じ。

#!/bin/bash
set -e

if [ "${1:0:1}" = '-' ]; then
    set -- mysqld "$@"
fi

if [ "$1" = 'mysqld' ]; then
    # read DATADIR from the MySQL config
    DATADIR="$("$@" --verbose --help 2>/dev/null | awk '$1 == "datadir" { print $2; exit }')"

    if [ ! -d "$DATADIR/mysql" ]; then
        if [ -z "$MYSQL_ROOT_PASSWORD" -a -z "$MYSQL_ALLOW_EMPTY_PASSWORD" ]; then
            echo >&2 'error: database is uninitialized and MYSQL_ROOT_PASSWORD not set'
            echo >&2 '  Did you forget to add -e MYSQL_ROOT_PASSWORD=... ?'
            exit 1
        fi

        echo 'Running mysql_install_db ...'
        mysql_install_db --datadir="$DATADIR"
        echo 'Finished mysql_install_db'

        # These statements _must_ be on individual lines, and _must_ end with
        # semicolons (no line breaks or comments are permitted).
        # TODO proper SQL escaping on ALL the things D:

        tempSqlFile='/tmp/mysql-first-time.sql'
        cat > "$tempSqlFile" <<-EOSQL
            DELETE FROM mysql.user ;
            CREATE USER 'root'@'%' IDENTIFIED BY '${MYSQL_ROOT_PASSWORD}' ;
            GRANT ALL ON *.* TO 'root'@'%' WITH GRANT OPTION ;
            DROP DATABASE IF EXISTS test ;
        EOSQL

        if [ "$MYSQL_DATABASE" ]; then
            echo "CREATE DATABASE IF NOT EXISTS \`$MYSQL_DATABASE\` ;" >> "$tempSqlFile"
        fi

        if [ "$MYSQL_USER" -a "$MYSQL_PASSWORD" ]; then
            echo "CREATE USER '$MYSQL_USER'@'%' IDENTIFIED BY '$MYSQL_PASSWORD' ;" >> "$tempSqlFile"

            if [ "$MYSQL_DATABASE" ]; then
                echo "GRANT ALL ON \`$MYSQL_DATABASE\`.* TO '$MYSQL_USER'@'%' ;" >> "$tempSqlFile"
            fi
        fi

        echo 'FLUSH PRIVILEGES ;' >> "$tempSqlFile"

        ###########################################################
        # ここを追加してる
        # setup
        echo "use $MYSQL_DATABASE;" >> "$tempSqlFile"
        # createやらinsertやら
        cat /db/setup.sql >> "$tempSqlFile"
        ###########################################################
        # start mysql
        set -- "$@" --init-file="$tempSqlFile"
    fi

    chown -R mysql:mysql "$DATADIR"
fi

exec "$@"

fig.yml

app:
  build: ./fig/app
  ...

mysql:
  build: ./fig/mysql
  ports:
    - '3306:3306'
  volumes:
    - ./app/db:/db
  environment:
    MYSQL_USER: username
    MYSQL_PASSWORD: xxx
    MYSQL_ROOT_PASSWORD: xxx
    MYSQL_DATABASE: dbname

やっていることはmysqlコンテナのvolumesで app/db 以下をマウントし、
entrypoint.sh内で その下にあるファイルを実行しているだけ。

APP_ROOTから fig build && fig up すると、初期化されたテーブルやデータが作られているはず。


もっといい方法があれば教えて下さい><