1. Qiita
  2. 投稿
  3. homebrew

Homebrewを使って新しいMacでサクッと環境構築したい

  • 1
    いいね
  • 0
    コメント
に投稿

Hamee Advent Calendar 2016 の16日目の記事です。

クリスマスに新しいMacが来て喜んでいるであろう未来の自分に捧げます。

Hameeの良いところ(ダイマ

記事を書くきっかけというわけではないのですが…

Hameeのシステム開発部門はPCが劣化 or 使い始めてから3年経過したら無条件に新品のPCを調達する事が可能です。中々素晴らしい仕組みだと思うのですが、普段の業務が忙しいのか、新しいPCを申請する意外と少ないです…。

どうも環境構築に時間が掛かってしまう。というのが普段の業務を回していく中で結構辛いと…。

ではHomebrewを使って環境構築の時短をしようじゃないか。というのが今回の記事です。

手順
1. Homebrew(とCask)をインストール
2. .bashrc書き換え
3. Brew-fileの設定

Homebrew(とCask)をインストール

以下を実行してサクッと導入。
Homebrewのサイトから引用

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
Caskを入れる

この手順は不要になったという噂を聞いたのですが、情報求む。

brew install caskroom/cask/brew-cask

.bashrc書き換え

.bashrc
export HOMEBREW_CASK_OPTS="--appdir=/Applications"

~/Applicationsにインストールしてしまい、インストールしたアプリがLaunchpadに出てこなかったので設定しておく。不要な人はパス。

Brew-fileの設定

Brew-file はHomebrewで導入したアプリを管理する設定ファイルを生成してgit管理が出来ます。

コレをインストールする。

$ brew install rcmdnk/file/brew-file

管理するgitリポジトリを設定。

$ brew file set_repo -r <リポジトリ>

初期化の実行。

$ brew file init

ここまで行けば後はHomebrewで好きなアプリを入れていくだけだが、その時のコマンドは

$ brew file brew install <パッケージ・アプリ>
# caskで入れる場合はコチラ
$ brew file brew cask install <パッケージ・アプリ>

でインストールすることで自動でbrew fileに書き込まれ、状態が更新される。
このコマンドで入れない場合はbrew fileに書き込まれないので注意する。

現時点でHomeblew経由でインストールしたアプリのリストをbrew fileに書き込みたい場合は

$ brew file update
# caskの場合はコチラ
$ brew file cask_upgrade

でbrew fileに書き込みが行われる。

brew fileに書かれた情報でインストールを実行するには

$ brew file install

でインストール出来る。

これで快適環境構築ライフが実現出来るはず…。
未来の自分にメリー・クリスマス。