GitHubでタスク管理ができる新機能「Project」超入門

  • 133
    いいね
  • 0
    コメント

本日(2016/09/15)発表されたGitHubの新機能の中で、目玉となるのが「Project」機能です。Projectでは、GitHubのリポジトリ上で様々な作業を管理することができます

本エントリでは、タスクリストの作成例を通して、Projectの具体的な設定方法について紹介します。完成版のタスクリストは下記URLで確認できます。

Step1. プロジェクトの作成

GitHub上にて、[Project]→[Create a project]をクリックします。

プロジェクト設定画面が開かれるので、プロジェクト名と説明文を入力します。

新規プロジェクトが作成されました。

Step2. カラムの作成

タスクリストを作る場合、各タスクは「残タスク」「作業中」「確認待ち」「作業完了」といった、カテゴリーに分けられます。このカテゴリーに当たるのは「カラム(column)」です。[Add column]をクリックし、カラム名を入力します。

同様にして、任意の数だけカラムを追加できます。

Step3. ノートの作成

具体的なタスクは「ノート(note)」にて管理します。ノートを追加したいカラムにて、[+]をクリックし、ノートの内容を追加します。

ノートが作成されました。

Step4. ノートの管理

タスクリストでは、残タスク状態から作業中状態へ、作業中状態から確認待ち状態へと、タスクのステータスがアップデートされます。GitHubのプロジェクトでは、ドラッグアンドドロップでカラム間のノート移動ができます。

このタスクリストを運用している様子が下記です。

GitHub上での作業管理は嬉しい

筆者は作業管理としてBacklog等を使ってきましたが、GitHub上で直接作業管理ができるのはありがたいです。 Projectは本日から使えるので是非試してみてください。