Herokuが再度料金体系変更 - flexible free dyno hoursで月1000時間の無料枠(ただし全アプリ横断で)

  • 101
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Herokuの新料金体系が発表され、Free Dynoで1日6時間のsleepが強制されるようになってはや1年。
ここにきてfree dynoのプランにまた変更が入ったようです。

Herokuから届いた案内メールによると、flexible free dyno hoursという概念が導入され、月1000時間まで無料稼働枠が割り当てられるようです。

(2016.6.2追記)
結局1日18時間に減っていた無料枠すらもなくなり、全アプリで1000時間を分け合うことになるため、より無料プランの制限が厳しくなったというのが実情のようです。

注力したい(けどお金はかけたくない)アプリが1つだけの場合は、24時間稼働に戻せるのでよさそうですが、無料で色々アプリを動かしておくという用途だともうHerokuはきびしそうですね。。
(追記終わり)

flexible free dyno hoursの概要

  • 各ユーザーは月1000時間のflexible free dyno hoursをもらえる(クレカ認証してないと550時間)
  • free dyno hoursはアカウント単位で付与され、保有するアプリ横断で同じ枠を消費する

という感じで、以前とは違うものの、既存ユーザーにとってはHerokuの24h無料稼働が復活できそうな感じです。

感想

デフォルトの無料枠が18h/日なので、 24h稼働にするには6h×30日=180h/月必要。 アプリ横断で月1000時間ということは、 アプリ5つまでは毎月24h稼働できそうですね。

元の1日6時間sleepは完全になくなり、free dynoの稼働はすべてこの1000時間を分け合うようになったみたいですね。
24h×30日=720h/月なので、24時間稼働できるのは結局1アプリだけのようです。。

1000時間÷31日=32.2h/日なので、この1日32時間枠を複数のアプリで分け合うことになりますね。。

うちは現状主力アプリ1つ+遊びアプリ1つだったので、
24h/日と8h/日という区分にしてみました。

主力の稼働時間を伸ばせたのはうれしいけど、1日8時間しか動かないとなるとさすがに時間指定できないので、process-schedulerとNewRelicのpingはあきらめて、アクセスあれば都度起きる形式しかないですね。。