PowershellでExcel操作

  • 36
    いいね
  • 2
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

既存のExcel操作方法について備忘録

excel.ps1
try{
        # Excelオブジェクト作成
        $excel = New-Object -ComObject Excel.Application
        $excel.Visible = $false

        # 既存のExcel
        $book = $excel.Workbooks.Open("Excelが置いてあるpath")

        # シート取り出し
        $sheet = $excel.Worksheets.Item(1)
        $sheet = $excel.Worksheets.Item("シート名")

        # セルのテキストを取得(設定は逆)
        $text1 = $sheet.Cells.Item(2,3).Text
        # セルの値(数字)を取得(設定は逆)
        $text1 = $sheet.Cells.Item(2,3).Value()


        # その他やりたい処理


        # 上書き保存
        $book.Save()

        # 閉じる
        $excel.Quit()

} finally {
    
     # null破棄
        $excel,$book,$sheet | foreach{$_ = $null}

}

NULL破棄について

PowerShellでNull破棄する際に最も適したやり方を探る