LambdaでAWSの料金を毎日Slackに通知する(Python3)

  • 182
    いいね
  • 2
    コメント

はじめに

個人アカウントは基本的に無料枠で運用しているので、少しでも請求がある場合はいち早く気づきたいです。
先日、とあるハンズオンイベントで使ったリソースを消し忘れて、最終的に$30ぐらい請求が来てしまいました。。。

CloudWatchで請求アラートは設定していますが、閾値超えが想定の場合、当然見逃すことになり、最終的な請求額に驚くハメになります。

これを防ぐためにLambdaで毎日SlackにAWS料金を通知することにします。

先日LambdaがPython3に対応したので、せっかくだし勉強がてらPython3で実装したい。
ネット上にはNode.jsでの実装例が多いようで、今回はこちらを参考にPython3で実装してみます。

必要なもの

  • Slack
    • incoming-webhooks URL
    • 適当なchannel
  • lambda-uploader
    • requestsモジュールをLambda上でimportするために利用
      • カレントディレクトリにモジュールをインストールして、モジュールごとZipに固めてアップロードでもいけるはずですが、私の環境だとうまくいかなかったので
  • aws cli
    • lambda-uploaderで必要
  • AWS
    • Lambda関数用IAM Role
      • CloudWatchReadOnlyAccessポリシーをアタッチ

事前準備

lambda-uploaderをインストール

$ pip install lambda-uploader 

こちらを参考にさせていただきました。

aws cliをインストール

$ pip install awscli

credential、リージョン設定

$ aws configure

確認
$ aws configure list

コード

ディレクトリ構成

ディレクトリ名は任意です。関数名とは無関係です。

ディレクトリ構成
awscost_to_slack/
|--lambda_function.py
|--requirements.txt
|--lambda.json

lambda_function.py

超過金額に応じて色をつけるようにしています。
\$0.0なら緑、超過したら黄色、\$10超えで赤になります。

lambda_function.py
#!/usr/bin/env python
# encoding: utf-8

import json
import datetime
import requests
import boto3
import os
import logging

logger = logging.getLogger()
logger.setLevel(logging.INFO)

# Slack の設定
SLACK_POST_URL = os.environ['slackPostURL']
SLACK_CHANNEL = os.environ['slackChannel']

response = boto3.client('cloudwatch', region_name='us-east-1')

get_metric_statistics = response.get_metric_statistics(
    Namespace='AWS/Billing',
    MetricName='EstimatedCharges',
    Dimensions=[
        {
            'Name': 'Currency',
            'Value': 'USD'
        }
    ],
    StartTime=datetime.datetime.today() - datetime.timedelta(days=1),
    EndTime=datetime.datetime.today(),
    Period=86400,
    Statistics=['Maximum'])

cost = get_metric_statistics['Datapoints'][0]['Maximum']
date = get_metric_statistics['Datapoints'][0]['Timestamp'].strftime('%Y年%m月%d日')

def build_message(cost):
    if float(cost) >= 10.0:
        color = "#ff0000" #red
    elif float(cost) > 0.0:
        color = "warning" #yellow
    else:
        color = "good"    #green

    text = "%sまでのAWSの料金は、$%sです。" % (date, cost)

    atachements = {"text":text,"color":color}
    return atachements

def lambda_handler(event, context):
    content = build_message(cost)

    # SlackにPOSTする内容をセット
    slack_message = {
        'channel': SLACK_CHANNEL,
        "attachments": [content],
    }

    # SlackにPOST
    try:
        req = requests.post(SLACK_POST_URL, data=json.dumps(slack_message))
        logger.info("Message posted to %s", slack_message['channel'])
    except requests.exceptions.RequestException as e:
        logger.error("Request failed: %s", e)

requirements.txt

pip installしたいモジュール名を書きます。

requirements.txt
requests

lambda.json

Lambda関数名、IAM RoleのARNなどは環境に合わせてください。
スクリプト本体のファイル名とハンドラの前半を一致させないと動きません。地味にハマるので注意!

lambda.json
{
  "name": "LAMBDA_FUNCTION_NAME",
  "description": "DESCRIPTION",
  "region": "ap-northeast-1",
  "handler": "lambda_function.lambda_handler",
  "role": "arn:aws:iam::XXXXXXX:role/ROLE_NAME_FOR_LUMBDA",
  "timeout": 300,
  "memory": 128,
  "variables":
    {
      "slackPostURL":"https://hooks.slack.com/services/XXX",
      "slackChannel":"#XXX"
    }
}

デプロイ

上記ファイルを配置したディレクトリに移動して、lambda-uploaderを実行します。

$ cd awscost_to_slack
$ lambda-uploader
λ Building Package
λ Uploading Package
λ Fin

Lambda環境変数設定

今回のLambda関数では、通知先SlackチャネルとWebhooks URLを環境変数で渡すようにしたので、設定します。

スクリーンショット 2017-06-23 14.51.30.png

lambda-uploaderのlambda.jsonに書けそうなのですが、書式が分からず、今回はマネコンで設定しました。
lambda-uploaderでLambda関数を更新すると消えてしまうので注意。

上記のようにlambda.jsonのvariablesで定義すれば環境変数も設定可能です。uploadのたびに消えることもありません。

Lambda定期実行設定

CloudWatchのスケジュールイベントを定義して、lambda関数をターゲットに指定します。
時刻はUTCなので注意しましょう。
毎日UTC0:00に実行されるよう設定しました。

スクリーンショット 2017-06-23 15.01.27.png

実行イメージ

スクリーンショット 2017-06-23 14.15.54.png
こんな感じで毎朝9:00に通知がきます。
今日も無料!

まとめ

Lambdaはほぼ無料でプログラムが動かせるので楽しいですね!
Python初心者なのでコードが見苦しい点はご容赦ください。