Adobe MediaEncoderで拡張子.webmや.oggに変換する

  • 87
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

html5での動画再生がFirefoxでつまずく

Mac版Firefoxでhtml5の<video>タグでのmp4動画が再生できず困っていました。調べてみると

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/HTML/Using_HTML5_audio_and_video

「Firefox は MP4 および 3GP を特許で妨害されているためにサポートしません」

とあり、Firefoxでは<video>タグでのmp4再生はできないようです。

ではどうすればいいのか。
https://support.mozilla.org/ja/kb/viewing-html5-audio-and-video

Vorbis オーディオ、Opus オーディオ、Theora ビデオ および VP8 ビデオ は、特許による制限なしで自由に使用することができる 音声圧縮/動画圧縮 形式です。これらの形式は、次の コンテナフォーマット に埋め込まれていれば Firefox で再生できます: Ogg (.ogg, .oga, .ogv, .ogx, .spx, .opus ファイル形式) または WebM (.webm ファイル形式)。

WebM または Ogg というファイル形式に変換する必要がありそうです。

WebMやOggに動画を変換したい

変換ツールとしてはMiroVideoConverterというアプリがありました。

http://www.mirovideoconverter.com/

しかし、僕はAdobeCCを契約しているので、Adobe MediaEncoderで出来ないものかと思い調べるとこちらのページにそれらしい情報があり、

http://fr32c.free.fr/Am/index.php?post/2014/08/17/Adobe-Media-Encoder-AME-Ogg-WebM

リンクをたどると、プラグインを作ってくださっている方がいるということが分かりました。

Adobe MediaEncoderでも変換できるようにしてくれるプラグイン

https://github.com/fnordware

結果、ここからバイナリファイルをダウンロードできました。

WebM: https://github.com/fnordware/AdobeWebM#download
Ogg: https://github.com/fnordware/AdobeOgg#download

プラグインファイルの置き場所は、ダウンロードしたファイルのReadMe内に

Mac:
Ogg Premiere.bundle -> /Library/Application Support/Adobe/Common/Plug-ins/CSX/MediaCore

Win:
Ogg.prm -> C:\Program Files\Adobe\Common\Plug-ins\CSX\MediaCore

Replace "CSX" with your version. For the latest Premiere Pro CC release, it will be "7.0".

とあり、僕の場合は Adobe MediaEncoder CC 2014 だったのですが、
/Library/Application Support/Adobe/Common/Plug-ins/7.0/MediaCore
でいけました(ディレクトリがなかったので作りました)。

ここに、ダウンロードした WebM Premiere.bundle と Ogg Premiere.bundle を設置しました。

Adobe MediaEncoderを起動して変換ダイアログを開くと、

webm.png

このように、選択できるようになっています。
ありがたいです。

ところで以前はAdobe MediaEncoderは、AdobeCCを契約していても単体ではインストールできませんでした。Adobe Premireなどと同時にインストールしないといけなかったものが、最近単体でできるようになりましたね。

htmlは

<video>
    <source src="movie/filename.mp4">
    <source src="movie/filename.webm">
    <p>動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。</p>
</video>

このようにすれば上から使用可能なファイル形式が使われるようです。