VirtualBoxにArchLinuxをインストールする

  • 19
    いいね
  • 5
    コメント

[追記]
xorg-server-utilsがリポジトリから削除されたようですので、一旦この記事から削除しておきます

最初に

VirtualBoxにArchLinuxをインストール、XFCEをインストールしていきます
UEFI-GPT環境でインストールします、その他の環境でインストールする方はご注意ください
ビギナーズガイドに沿って(違う場所もあるかも?)インストールしていくので分かりづらかったらビギナーズガイドを見てインストールしてください
間違っている所があればコメントを下さい

参考にしたURL

ビギナーズガイド * 現在こちらのページはインストールガイド に転送され、見ることができません
VirtualBox
Xorg
LightDM
Xfce
PulseAudio
Advanced Linux Sound Architecture

ホスト環境

  • Windows 7 64bit
  • VirtualBox 5.1.2

ゲスト環境

  • メモリー 4096MB
  • ディスク 64GB
  • archlinux-2016.09.03-dual.iso
  • x86_64bit

必要な設定

"EFIを有効化"にチェックを入れないとGPT/UEFI環境で起動できないので必ずチェックを入れてください。

WS000000.JPG

起動

00_uefi.JPG
一番上の"Arch Linux archiso x86_64 UEFI USB" を選択、一分程待機してください。

WS000000.JPG
この画面になったらコマンドを入力していきます。

キーマップやフォントの設定

キーマップを日本語にしてフォントを変更します。

# loadkeys jp106
# setfont lat9w-16

英語キーボードならこの手順は必要ありません

通信できているかの確認、時計を合わせる

# ping -c 3 www.google.com
# timedatectl set-ntp true

VirtualBoxにインストールしていれば手動で接続する必要はないと思うので、このまま進めていきます。

パーティションの準備

パーティションを切っていきます

# gdisk /dev/sda
Command (? for help):o
Command (? for help):n //このコマンドで新しいパーティションを作る
Permission number: 1
First sector     : Enter
Last sector      : +512M
Hex code or GUID : EF00
Command (? for help):n
Permission number: 2
First sector     : Enter
Last sector      : Enter
Hex code or GUID : 8300
Command (? for help):w
Do you want to proceed? (Y/N)y

01_partition.JPG

パーティションのフォーマット,マウント

# mkfs.vfat -F32 /dev/sda1
# mkfs.ext4 /dev/sda2
# mount /dev/sda2 /mnt
# mkdir -p /mnt/boot
# mount /dev/sda1 /mnt/boot

02_format_mount.JPG

ベースシステムのインストール

この作業で必要なパッケージをインストールしていきます
まずは、jaist,tsukubaサーバを一番上に移動させます
ctrl+w japan+enterで検索、ctrl+kで切り取り、ctrl+uで一番上に貼り付けctrl+xで終了

# nano /etc/pacman.d/mirrorlist

*URLの順番はあくまで一例ですので、自分の国に一番近いミラーリストを上に貼り付けてください

/etc/pacman.d/mirrorlist
##
## Arch Linux repository mirrorlist
## Sorted by mirror score from mirror status page
## Generated on 2016-06-01
##

## Score: 2.0, Japan
Server = http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ArchLinux/$repo/os/$arch
## Score: 2.6, Japan
Server = http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/Linux/archlinux/$repo/os/$arch
## Score: 0.3, France
Server = http://archlinux.polymorf.fr/$repo/os/$arch
## Score: 0.3, France
Server = http://arch.tamcore.eu/$repo/os/$arch
## Score: 0.3, Germany
Server = http://mirror.js-webcoding.de/pub/archlinux/$repo/os/$arch
## Score: 0.4, Czech Republic
Server = http://ftp.sh.cvut.cz/arch/$repo/os/$arch
## Score: 0.4, United States
Server = http://arch.localmsp.org/arch/$repo/os/$arch
## Score: 0.4, France
Server = http://mirror.tyborek.pl/arch/$repo/os/$arch
## Score: 0.5, Bulgaria
Server = http://mirrors.uni-plovdiv.net/archlinux/$repo/os/$arch
## Score: 0.5, Germany
Server = http://mirrors.niyawe.de/archlinux/$repo/os/$arch
...
# pacman -Syy
# pacstrap /mnt base base-devel

WS000000.JPG
こんな感じにすればOK

fstabの生成

# genfstab -U /mnt >> /mnt/etc/fstab
# cat /mnt/etc/fstab

03_fstab.JPG

chrootでの作業

# arch-chroot /mnt /bin/bash
# nano /etc/locale.gen
en_US.UTF-8,ja_JP.UTF-8のコメントアウトを外す
# locale-gen
# echo LANG=en_US.UTF-8 > /etc/locale.conf
# export LANG=en_US.UTF-8

キーマップを日本語にする

# nano /etc/vconsole.conf
/etc/vconsole.conf
KEYMAP=jp106
FONT=lat9w-16

04_keymap.JPG

タイムゾーンを東京にする

次のエラーが出た場合は以下のコマンドでファイルを削除してからもう一度lnから始まるコマンドを実行してください ln: failed to create symbolic link '/etc/localtime' : File exists

# rm /etc/localtime
# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
# hwclock --systohc --utc

ホストネームを追加する

ホスト名はとりあえずlocalhostにしておくといいです

# echo 〈ホスト名〉 > /etc/hostname
# nano /etc/hosts

...
#<ip-address> <hostname.domain.org> <hostname>
127.0.0.1 localhost.localdomain localhost 〈ホスト名〉
::1   localhost.localdomain localhost 〈ホスト名〉
...

05_hostname.JPG

ネットを有効化する

# systemctl enable dhcpcd

パスワードの設定

# passwd

文字は表示されていないませんがきちんと打てているので安心してください

GRUBのインストール

VirtualBoxにインストールするのでいらないですね、すみません
他にもsystemd-bootがありますが、ここではgrubをインストールします。

# pacman -S grub dosfstools efibootmgr
# grub-install --target=x86_64-efi --efi-directory=/boot --bootloader-id=arch_grub --recheck
# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
# mkdir /boot/EFI/boot
# cp /boot/EFI/arch_grub/grubx64.efi  /boot/EFI/boot/bootx64.efi

06_grub_install.JPG

再起動

# exit
# umount -R /mnt
# shutdown -h now

仮想マシンがシャットダウンされたらディスクを除去してください

取り敢えずArchLinuxのインストールは終了しました。
次は、Guestutils,yaourt,XFCE,font,日本語環境,などの設定をしていきます。

Swapfileの作成

もしswapが必要でなければこのステップは飛ばしてください。
メモリが潤沢に搭載している場合もスキップしてください。あくまでメモリが心もとない場合の手段ですので、8GB以上搭載しているなら必要ないかもしれません。
swapとは、マシンに搭載しているメモリでは足りなくなってしまったときにあらかじめハードディスクに作っておいた仮想メモリを一時的に使う技術...かな?詳しくは知らないので興味がある方はご自分で検索してみてください

swap領域 - Google検索 -

# fallocate -l (メモリの倍数)M,G /swapfile
# chmod 600 /swapfile
# mkswap /swapfile
# swapon /swapfile
# nano /etc/fstab
/etc/fstab
# 
# /etc/fstab: static file system information
#
# <file system> <dir>   <type>  <options>   <dump>  <pass>
# /dev/sda2
UUID=7d04edf6-cd65-4c96-bee5-355008c803f7   /           ext4        rw,relatime,data=ordered    0 1

# /dev/sda1
UUID=F17B-8386          /boot       vfat        rw,relatime,fmask=0022,dmask=0022,codepage=437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,errors=remount-ro    0 2

/swapfile none swap defaults 0 0 # ここを追加してください
# reboot

スワップがきちんと機能しているか確認しましょう

$ free -m

v2n9bh835764b29v.JPG
こうなっていたらOKです
(画像ではxfce4-terminalが起動していますが、GUIをインストールしていない場合でもswapファイルの作成は可能です、ご安心ください)

一般ユーザーの作成

# useradd -m -G wheel -s /bin/bash "ユーザー名"
# passwd "ユーザー名"
# visudo
...
##
## Runas alias specification
##

##
## User privilege specification
##
root ALL=(ALL) ALL

## Uncomment to allow members of group wheel to execute any command
%wheel ALL=(ALL) ALL

## Same thing without a password
# %wheel ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL
...

08_visudo.JPG

viが起動します
アンコメントしたい場所にカーソルを合わせてxを押すと文字を削除されます

一般ユーザーを作成したらRootからログアウトして作成したユーザーからログインしてください

yaourtのインストール

$ sudo nano /etc/pacman.conf
/etc/pacman.conf
...
#[testing]
#Include = /etc/pacman.d/mirrorlist

[archlinuxfr]
SigLevel = Never
Server = http://repo.archlinux.fr/$arch
...
$ sudo pacman -Syy yaourt

07_yaourt.JPG

Guestutilsのインストール

仮想環境にインストールする場合、lts-kernelにしたほうがよさげなのでインストールしておきます

$ sudo pacman -S linux-lts linux-lts-headers
$ sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
$ sudo reboot
$ uname -r

2vc9hn385467.JPG

$ sudo pacman -S virtualbox-guest-utils

linux kernel を使用している場合は、2のvirtualbox-guest-modules-archを選択する。
ltsなど他のカーネルを使用している場合は、1を選択。

VirtualBox

$ sudo systemctl enable vboxservice
$ sudo reboot

Xorgのインストール

次のコマンドでPCに搭載されているグラフィックカードを確認します。
VirtualBoxの場合はxf86-video-vesaです。
xf86-video-fbdevも入れておくといいらしいです

$ lspci | grep -e VGA -e 3D
$ sudo pacman -S xf86-video-vesa xf86-video-fbdev xorg-server xorg-xinit mesa xorg-twm xorg-xclock xterm
$ startx

Xorgが立ち上がれば成功です
タッチパッドを認識しない場合はlibinputか、xf86-input-libinputを入れて設定してください

libinput

XFCEのインストール

XFCEの設定等は省きます,好きな様に設定してください

XFCEとその他のパッケージをインストール
$ sudo pacman -S xfce4 xfce4-goodies lightdm lightdm-gtk-greeter lightdm-gtk-greeter-settings xdg-user-dirs-gtk gamin gvfs xarchiver zip unzip pulseaudio pulseaudio-alsa xfce4-pulseaudio-plugin pavucontrol noto-fonts-cjk alsa-utils chromium firefox firefox-i18n-ja
$ sudo nano /etc/lightdm/lightdm.conf
/etc/lightdm/lightdm.conf
...
#unity-compositor-command=unity-system-compositor
#unity-compositor-timeout=60
greeter-session=lightdm-gtk-greeter
...

10_lightdm.JPG

lightdmを有効化する
sudo systemctl enable lightdm

一度再起動する
sudo reboot

日本語環境の設定

環境変数日本語用に変更する

$ sudo nano /etc/locale.conf
/etc/locale.conf
LANG=ja_JP.UTF-8
# LANG=en_US.UTF-8

11_locale.JPG

fcitxのインストール

KDEの場合は、fcitx-configtoolのかわりにkcm-fcitxとkdeplasma-addons-applets-kimpanelをインストールしてください

$ sudo pacman -S fcitx-im fcitx-configtool fcitx-mozc

xprofileの設定

$ nano ~/.xprofile
/home/USER/.xprofile
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=”@im=fcitx”

12_xprofile.JPG

一度ログインしなおす変更されていなければ再起動を繰り返す

入力メッソドの追加

fcitxをインストールしてすぐに日本語の入力ができるというわけではなく、入力メソッドの設定からMozcを追加する必要があります。

左下の+をクリックして

WS000000.JPG

Mozcを選択してOKをクリック

WS000001.JPG

Mozcが追加されたらOKです

WS000002.JPG

後は好みのキーバインドを設定して入力メソッドの設定は完了です

WS000003.JPG

FONTの設定

$ su
# nano /etc/fonts/conf.avail/71-no-embedded-bitmaps.conf
/etc/fonts/conf.avail/71-no-embedded-bitmaps.conf
<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
  <match target="font">
    <edit mode="assign" name="embeddedbitmap">
      <bool>false</bool>
    </edit>
    <edit mode="assign" name="hintstyle">
       <const>hintnone</const>
    </edit>
  </match>
</fontconfig>

13_font.JPG

# ln -s /etc/fonts/conf.avail/71-no-embedded-bitmaps.conf /etc/fonts/conf.d/71-no-embedded-bitmaps.conf
# reboot

これでフォントがきれいになるかも?

終わり

お疲れ様でした。