CentOS 5のcui環境にMinecraft Forge 1.8を入れる

  • 11
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

参考: http://esperia.hatenablog.com/entry/2015/07/10/002752

Minecraft Forge 1.8を、CentOS 5 CUI環境に入れる方法です。

参考のURLの内容そのものですが、一応、自分の環境で問題なくできた、ということと、
上記サイトが閉鎖しても良いように、というメモです。

以下の内容は、前提として、minecraft バニラが正常に動かせる状態であること、
および動かせるだけの知識があることが必要です。
また、Minecraft Forgeを入れる環境以外に、WEBブラウザとSCP等使える端末が必要です。

まずは、Minecraft Forgeをダウンロードします。
wgetでも持ってこれるかも知れませんが、Forgeを公開している人たちを考慮して、
ちゃんと本家からWebブラウザでダウンロードしましょう。

Forgeは以下のサイトから。
http://files.minecraftforge.net/

Minecraft Versionsの1.8を選択

Download Latestの中から、
installerと
universalの、
両方をダウンロードします。

2015/07/29現在のバージョンだと、以下のファイルになります。
forge-1.8-11.14.3.1499-installer.jar
forge-1.8-11.14.3.1499-universal.jar

ダウンロードしたファイルを、scp等でCentOS 5に送ります。

以下CentOS 5上での操作になります。

任意のディレクトリを作ります。
以下、/home/todanano/minecraft/forgeとします。

/home/todanano/minecraft/forgeに移動し、
scp等で送っておいたinstallerとuniversalを移動、またはコピーします。
以下の状態になっていれば良いです。


[todanano@localhost forge]$ pwd
/home/todanano/minecraft/forge
[todanano@localhost forge]$ ll
合計 6928
-rw-r--r-- 1 todanano todanano 3719184  7月 29 09:18 forge-1.8-11.14.3.1499-installer.jar
-rw-r--r-- 1 todanano todanano 3361240  7月 29 11:27 forge-1.8-11.14.3.1499-universal.jar
[todanano@localhost forge]$ 

以下のコマンドを実行します。


[todanano@localhost forge]$ java -jar ./forge-1.8-11.14.3.1499-installer.jar nogui --installServer

なにやらダラダラっといっぱいメッセージでますが、
コマンドの実行が終わるまで、待ちます。

以下のメッセージが出てくれば終了です。


The server installed successfully, you should now be able to run the file forge-1.8-11.14.3.1499-universal.jar
You can delete this installer file now if you wish
[todanano@localhost forge]$ 

これで、以下の状態になっているはず。


[todanano@localhost forge]$ ll
合計 17100
-rw-r--r-- 1 todanano todanano  3719184  7月 29 09:18 forge-1.8-11.14.3.1499-installer.jar
-rw-rw-r-- 1 todanano todanano    14527  7月 29 12:55 forge-1.8-11.14.3.1499-installer.jar.log
-rw-r--r-- 1 todanano todanano  3361240  7月 29 12:55 forge-1.8-11.14.3.1499-universal.jar
drwxrwxr-x 7 todanano todanano     4096  7月 29 12:55 libraries
-rw-rw-r-- 1 todanano todanano 10375504  7月 29 12:54 minecraft_server.1.8.jar
[todanano@localhost forge]$

次に、以下のコマンドを実行します。


[todanano@localhost forge]$ java -Xmx2048M -Xms1024M -jar forge-1.8-11.14.3.1499-universal.jar

画面に、またダラダラメッセージが出てきますが、
以下のメッセージが出てきたら、一旦CTRL+cで終了します。


[12:58:06] [Server thread/INFO]: You need to agree to the EULA in order to run the server. Go to eula.txt for more info.
[todanano@localhost forge]$ 

これで、以下の状態になっているはず。


[todanano@localhost forge]$ ll
合計 17120
drwxrwxr-x 2 todanano todanano     4096  7月 29 12:58 config
-rw-rw-r-- 1 todanano todanano      181  7月 29 12:58 eula.txt
-rw-r--r-- 1 todanano todanano  3719184  7月 29 09:18 forge-1.8-11.14.3.1499-installer.jar
-rw-rw-r-- 1 todanano todanano    14527  7月 29 12:55 forge-1.8-11.14.3.1499-installer.jar.log
-rw-r--r-- 1 todanano todanano  3361240  7月 29 12:55 forge-1.8-11.14.3.1499-universal.jar
drwxrwxr-x 7 todanano todanano     4096  7月 29 12:55 libraries
drwxrwxr-x 2 todanano todanano     4096  7月 29 12:57 logs
-rw-rw-r-- 1 todanano todanano 10375504  7月 29 12:54 minecraft_server.1.8.jar
drwxrwxr-x 2 todanano todanano     4096  7月 29 12:57 mods
-rw-rw-r-- 1 todanano todanano       59  7月 29 12:58 server.properties
[todanano@localhost forge]$ 

eula.txtというファイルができているはずなので、
この中身を編集します。


[todanano@localhost forge]$ cat eula.txt
#By changing the setting below to TRUE you are indicating your agreement to our EULA (https://account.mojang.com/documents/minecraft_eula).
#Wed Jul 29 12:58:06 JST 2015
eula=false
[todanano@localhost forge]$ vi eula.txt
[todanano@localhost forge]$ cat eula.txt
#By changing the setting below to TRUE you are indicating your agreement to our EULA (https://account.mojang.com/documents/minecraft_eula).
#Wed Jul 29 12:58:06 JST 2015
eula=true
[todanano@localhost forge]$ 

再度、以下のコマンドを実行します。


[todanano@localhost forge]$ java -Xmx2048M -Xms1024M -jar forge-1.8-11.14.3.1499-universal.jar

ダラダラメッセージが出てきて、最後、以下の内容となるはずです。


[13:04:36] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 75%
[13:04:37] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 86%
[13:04:38] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 96%
[13:04:39] [Server thread/INFO]: Done (11.516s)! For help, type "help" or "?"

これで、Minecraft Forge 1.8 serverが立ち上がりました。

後はバニラのとき同様に、server.propertiesを変更したり、
起動用のシェルスクリプトを仕込むなり、好きにやってしまってください。

また、バニラのworldディレクトリを、forgeの下にできているworldディレクトリに
上書きすることで、バニラのときのワールドデータを引き継げますね。

後は、modsディレクトリに、好きなmodを持ってきて入れてください。
modの入れ方やコンフィグの設定等は、それぞれのmodのページを
よく読んで入れてみてください。