Vimの設定ファイルを作る

  • 170
    いいね
  • 3
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

いろいろ調べたんですが$HOMEやら~/.vimrcやら初心者には分かりにくい解説ばかりだったので個人的にメモ

はじめに

vimにある程度慣れてくると、いちいち:set ~なんてやってられなくなります。いろいろ調べると、あらかじめ設定ファイルを作っておく事で、環境設定ができることが分かりました。

どうやらこの設定ファイルには2種類あり、システムvimrcが読み込まれた後、ユーザvimrcが読み込まれ、重複する設定はユーザvimrcで上書きされるようです。

ユーザが安全に弄れるのはユーザvimrcで、その保存先が先程述べた$HOMEだったり~/と呼ばれる場所のようです。

それでは、$HOMEやら~/と呼ばれる場所を探してみましょう

$HOMEを探して移動するまで

$HOMEを探す

echo $HOME
/Users/Tetsuya

echoで$HOMEディレクトリを表示しないさいってことですね。これで自分の$HOME/Users/Tetsuyaだったことが分かります

$HOMEへ移動

cd /Users/Tetsuya

.vimrcの編集をする

.vimrcの作成

vim .vimrc

さて、これであとはネット上に転がってるvim設定をコピペするだけです。

以下、参考までに私の設定

コメントがあったので追記
yaottiさんが指摘してくださっているように、.vimrcでは"(ダブルクオテーション)で始まる行はがコメント行となります。Javaでいうところの//、HTMLでいうところの<!-- -->ですね。

"#####表示設定#####
set number "行番号を表示する
set title "編集中のファイル名を表示
set showmatch "括弧入力時の対応する括弧を表示
syntax on "コードの色分け
set tabstop=4 "インデントをスペース4つ分に設定
set smartindent "オートインデント

"#####検索設定#####
set ignorecase "大文字/小文字の区別なく検索する
set smartcase "検索文字列に大文字が含まれている場合は区別して検索する
set wrapscan "検索時に最後まで行ったら最初に戻る