iOS SimulatorでiOS8を動作させるとHTTP通信ができない

  • 33
    いいね
  • 6
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Summary

iOS SimulatorでiOS8を動作させたときにHTTP通信ができない場合、ESETなどのセキュリティソフトのWebアクセス保護を無効にすると通信できるようになる場合があります。
(HTTPSはできるんですけどね....)

Description

Xcode6 GM を入れてiOS Simulatorで自分のアプリをテストすると、HTTP通信時に必ず

NSUnderlyingError = "Error Domain=kCFErrorDomainCFNetwork Code=-1005 ...

ってなエラーが出てテストにならない。
errorの詳細を見てると、以下のエラーが出ておりSocketが作成できてないみたい。

"_kCFStreamErrorCodeKey" = 57;
"_kCFStreamErrorDomainKey" = 1;

いろいろ試した結果、ウチの環境では ESET Cyber Security Pro 5 のWebアクセス保護を無効にすることで通信できるようになりました。

とりあえず、これはESETに連絡かな...

追記

ESET Cyber Security Pro 6 に上げたらWebアクセス保護を有効にしたままでも行けますた。