AWS EC2にPHP5.5環境でCakePHPを導入

  • 55
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

インスタンスの立ち上げから、SSH等の初期設定は済んでいる前提。

PHP5.5インストール

$ sudo yum install php55 httpd24

PHP5.5をインストールする時にはhttpdもバージョン指定(2.4)が必須。
※PHP5.4インストール時にもhttpdは2.4指定が必須。

$ sudo yum install php55 httpd

では、コンフリクトが発生しインストールがうまく行かない。

バージョン確認

$ php -v
PHP 5.5.13 (cli) (built: Jun 10 2014 23:40:19) 
Copyright (c) 1997-2014 The PHP Group
Zend Engine v2.5.0, Copyright (c) 1998-2014 Zend Technologies

PHP5.5 拡張対応表

php php55
php-mbstring php55-mbstring
php-pdo php55-pdo
php-mysql php55-mysqlnd
php-pecl-apc php55-opcache
php-pecl-xdebug php55-pecl-xdebug

Apache起動確認

sudo service httpd start
sudo chkconfig httpd on

「http://[Public IP] or [Public DNS]」
にアクセスして、この画面が表示されれば、OK
スクリーンショット 2014-07-02 1.34.24.png

CakePHP導入

CakePHPはサイトからパッケージをダウンロードする。
解凍したフォルダ名を「cakephp」に変更し、
AWS上の「/var/www/html/」にアップロードする。

/var/www/html/cakephp

httpd.confとphp.ini設定

一応、設定ファイルのバックアップをとっておく。

$ cd
$ sudo mkdir backup
$ cp /etc/httpd/conf/httpd.conf ./backup
$ cp /etc/php.ini ./backup

httpd.conf

1.DirectoryIndexにindex.phpを追加。
2.LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.soの行に#がついていないか確認。
3.末尾に

<Directory "var/www/html/cakephp">
    AllowOverride All
</Directory>

を追加。

php.ini

default_charset = "UTF-8"

mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = pass
mbstring.http_output = pass
mbstring.encoding_translation=off
mbstring.detect_order=auto

date.timezone = Asia/Tokyo

Apache HTTP Serverを再起動

sudo service httpd restart

tmpフォルダのパーミッション変更

sudo chmod -R 777 /var/www/html/cakephp/app/tmp

以上で、「http://[Public IP] or [Public DNS]/cakephp」
にアクセスすると、CakePHPの画面が表示される。

CakePHPの初期設定はまた、別記事で。