VimでPHPの補完にスニペットを使ったら捗った件

  • 138
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

この記事はVim Advent Calendar 2013 149日目の記事です。

今までVimでPHPを編集する際に、関数名の補完のために辞書ファイルを使っていましたが、Neosnippet用のスニペットファイルを使うようにしたら、ものすごくいい感じになりました。

snip.gif

PHPは標準関数がたくさんあるのでとてもいい感じです。入力が楽になるのはもちろんですが、引数の順序が紛らわしい関数に翻弄されずに済みそうなのがいいですね!

なお、生成したスニペットファイルはGithubに上げておきました。必要であればコピペして使ってください。

もしNeosnippetを使ってないならすぐにインストールしましょう!
特にPHPみたいに定型文がよく出てくる言語でコードを書くときは大変便利です。

ちなみに、元ネタはEmacsの「php-auto-yasnippets」というプラグイン。

autoloadにも対応したり色々と洗練されているみたいですね。
ただ、標準関数以外はスニペットを作っても効果が薄そうだなーと思ったので、手抜きで事前に生成したファイルを使う方式を採用しました。