Homebrewでphp-build及びphpenvインストール後に5.5系をインストールするための手順

  • 16
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Qiita:phpenvとphp-buildでPHPのバージョンを切り替えられるようにするを参考にしてphpenv及びphp-buildをインストールできたものの、5.5.15をインストールしようとした際にライブラリの不足でヘクってしまいました。
php-build => ライブラリ不足の発見 => brew install => php-build... を繰り返すのは不毛なので、私がインストールした際の手順を残しておきます。

 # configure: WARNING: bison versions supported for regeneration of the Zend/PHP parsers
$ git checkout adf87c6f6f6f7fa93e85e0ce2ba1135582716f6c /usr/local/Library/Formula/bison.rb 
$ brew install bison
$ bison --version
$ brew link bison --force
$ source ~/.bash_profile
 # configure: WARNING: You will need re2c 0.13.4 or later if you want to regenerate PHP parsers.
$ brew instal re2c
 # configure: error: jpeglib.h not found.
$ brew install libjpeg
 # configure: error: png.h not found.
$ brew install libpng
 # configure: error: mcrypt.h not found. Please reinstall libmcrypt.
$ brew reinstall libmcrypt

対応の際に参考になったサイトはこちら。

先人の皆様、ありがとうございました。