Jupyterがすごい勢いでやってくるからお前ら備えとけ(IPython Notebook + R)

  • 376
    いいね
  • 15
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

今までIPython Notebook上でRを動かそうとするとrpy2やらをごにょごにょやるとかいう方法がありましたが、いちいち%%を打ったりといろいろ不便でした。

が、先月末(2015/02/27)のIPython 3.0のリリースでIPython Notebookが大きく変わり、(まだ開発版ですが)Rとの連携もかなり楽になりました!というか今後はRだけでなく、Juliaや他の言語もカバーする方向に進むそうで、特定の言語に依存しない部分をJupyterという別プロジェクトでやっていくそうです。

代表的な言語のJupyterカーネルとしては以下のようなものが存在する模様。

現時点で使える全てのJupyterカーネルは以下のページを参照。
IPython kernels for other languages

他言語カーネルを使ったノートブックの実例は以下のページを参照。

んで、今回の主題でもあるIPython Notebook (Jupyter) + Rはこんな感じ。基本的にはNative R kernel for IPythonにある通りやると吉。OSX Yosemite (10.10.2)+MacPortsで環境構築したら途中でエラーを吐かれましたが、cppzmqをMacPortsで追加したらなおりました。

Rに最初から含まれているirisデータセットで線形回帰をするとこんな感じ。こりゃイイや!

jupyter_with_r.png