さいたまげーむすからゲーム業界で働くまで

  • 4
    いいね
  • 0
    コメント

こちらの日付で記事を担当することになりました、アオキと申します。
この記事では、自分がゲーム業界で働くまでの話をサクッと書きたいと思います。

=============
■簡単に自己紹介
1.jpg

アオキです。フリーランスで単発のキャラクターイラスト等を描いておりました。
デザイン専門学校卒で、ゲーム超大好きマンです。アクションとホラーが好きです。
=============

■ゲーム作ってみたいと思った流れ
私はゲームをプレイすることは大好きだったのですが、
ゲーム制作自体は関わったことすらない人間でした。
ある時、スマホゲームがスゴイ流行してきた頃、
たまたまUnityのゲームエンジンの話を聞きました。

フリーで落とすことが出来て、GooglePlayに実際に作ったのがあげられて、
更に自分みたいなイラストレーターでも作ろうと思えば作れるというのが魅力的でした。

■一回壁に当たる
3.jpg

と、いっても壁に当たるときは当たります。
自分で参考書を3冊買ってきて、かたっぱしから沿って実行してみました。
(人により、それを写経と呼ぶらしい)
でもプログラミングなんて初めてだから、エラーがでた時になんでか全くワカラナイ。
ゲーム畑の知人はいないので、誰にも聞けない。
正直毎日わからないことだらけで、物凄く勉強の歩みが遅かったなと思います。

■さいたまげーむすにお世話になりました
4.png

そこで、比較的近所で勉強会が行われていた「さいたまげーむす」に参加させていただきました。
実際のプログラマーの方にわからないことをどんどん聞けたり、
一緒に勉強している方と情報交換したりと、勉強が一気に捗りました。
そして、参加できそうな機会があるたびに、
勉強会講師のアシスタントをさせていただいたり、実際に講師もやらせていただきました。

■今はプランナーをやってます
いくつかスマホアプリを完成するとこまで経験して、
次は実務として働いて経験を積みたいなと思うようになりました。
結果として、スクリプター兼プランナーの立ち位置で、有名なゲーム会社で派遣社員してます。
先日働き始めて1年になりました。勉強1年+実務1年になり、
2年で一気に環境が変わったことを感じてます。毎日すごいたのしいです。

■大事だと感じたこと
・ゲームだいすきなこと
・なんでも積極的に挑戦してみること
・様々な人との情報交換・コミュニケーション

ゲームが大好きなので、モチベーションが保てたし、
ゲームの定番や作ってみたいアイデアが出ました。
物凄いシンプルなゲームから、さいたまげーむすの師匠から出された課題に沿って
色々挑戦したことが、結果的に成長につながったと感じます。
そして全てにおいてコミュニケーションは物事に挑戦するきっかけになったりします。

■VR勉強会開催!
長々書いて失礼しました!
今度24日に行われる勉強会も、良いきっかけになると思います。
ジャンルは今話題のVR。ハンズオンで作れるのでVRのしくみも学べます。
懇親会で、集まった人たちと色々情報交換をするのもおすすめです。
当日は皆様、どうぞお楽しみくださいませ!