Unityフォルダ構成のルールについて

  • 66
    いいね
  • 3
    コメント

UnityのAssets内フォルダ構成について

以下の様なルールで配置していくといいと思います。

フォルダ名 用途
Scenes ゲームのシーンを置く
Prefabs ゲーム内で繰り返し使用するObject(Prefab)を置く
Scripts ゲーム内で使うスクリプト(.csや.js)を置く
Animations ゲーム内で使うアニメーションを置く
Materials ゲーム内のObjectに設定するマテリアルデータ(色とか光沢とか)を置く
Physics Materials ゲーム内の物理エンジンで使用するPhysics Materialsを置く
Fonts ゲーム内のフォントデータを置く
Textures 画像ファイルを置く
Audio ゲーム内のBGMやSEなどのサウンドデータを置く
Resources (特殊フォルダ)Resources.Loadで読み込むファイルを置く
Editor (特殊フォルダ)Unityのエディタ拡張のためのスクリプトを置く
Plugins (特殊フォルダ)ネイティブプラグインやその他プラグインを置く

(参考)特殊なフォルダ名
http://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/SpecialFolders.html

便利スクリプト

Asset以下で以下エントリで説明しているスクリプトを実行するとディレクトリを一気に作ってくれるので楽です。

-> Unityで開発するときにフォルダ構成と.gitignoreを作る便利スクリプト